レポート&インプレッション

イベント報告、好きな役者さんやドラマの個人的感想を語るブログです



スポンサーリンク


感想

映画『海賊と呼ばれた男』

image

2016年12月公開
『海賊と呼ばれた男』 
監督・山崎貴
主演・岡田准一(V6)

長らく更新が滞りすみません。今後、このブログの記事を少し整理して分けようと考えていて構築に回っていたためかなり間が空いてしまいました。色々かたまってきたらまたお知らせします。

今年初の映画鑑賞は昨年末に公開された『海賊と呼ばれた男』です。こちらの方では上映回数が既に少なくなり、終了しそうな雰囲気だったので…まさにギリギリでの鑑賞となりました。
百田尚樹さんの原作と山崎貴監督とのコラボ作品は『永遠の0』で以前見てとても感動していたので、この作品もぜひ見てみたいと思っていたので、何とか終わる前に見ることができてよかったです。ちなみにまだ原作は読んでいません。原作未読での感想になります。

どんな内容なのかもほとんどわからないまま、ほぼまっさらな気持ちで『海賊~』を見に行ったわけですが、実在されていた方をモデルにした作品だったんですね。戦中から戦後、高度経済成長期を迎えるまであたりを中心に時代を行き来させながら描かれていたのが印象的です。
モデルになっているのは石油会社で有名な出光興産の創業者・出光佐三さんだそうです。欧米列強の時代に日本を主張して対抗した人物がいたということを恥ずかしながら今回初めて知りました。日章丸事件とかも知らなかったので、そういう歴史があったということが分かっただけでもこの映画を観れてよかったと思います。

主人公の國岡鐡造を演じたV6の岡田准一君は、アイドルだということが嘘のような役者っぷりで冒頭からビックリしました!戦後すぐの時に会社に人を集めて「愚痴はやめよう」と説くシーンから始まるんですけど、最初、あれが岡田くんだって分からなかったくらいです。メイクもよくできていたっていうのもありましたが、それ以上に声の出し方や風格がもう、60代の男性そのものだったんですよ。それにオーラがものすごい!!共演者に大物俳優さんが何人か配役されていましたが、彼らと並んでも全く負けていなかった。
これまで岡田くんの主演作をいくつか見てきましたが、その中でもこの映画の中の彼の存在感はハンパなくすごかったです。アイドルであそこまでの風格を出せる人ってあまりいないんじゃないでしょうか。

石油をガンガン売りつけてイケイケ状態の鐡造の芝居もすごく良かったんですが、個人的には妻のユキさんとの短くも温かいやり取りとその後に訪れる悲劇のシーンがすごく印象深いです。
ユキを演じた綾瀬はるかさんがまた素晴らしかったんですよね~。出番としては決して多くないし、キャラ的にも控えめで一方後ろに引いたような昭和の良妻という感じでしたが、熱い男たちの中に咲く癒しの花のような存在感でものすごく目を惹きました。
そんなユキさんとのやりとりがある悲劇を迎えた時の、岡田くんの絶望感を表現した芝居が実に素晴らしくて…思わず涙が出ました。やりきれない気持ちと悔恨や絶望…そういったものが大粒の零れ落ちる涙に含まれていてねぇ…。岡田くんの泣きの芝居は大河ドラマの『軍師官兵衛』の時から注目していましたが、この映画の中ではさらにその表現に磨きがかかっているように思えました。

映画の半分以上は60代以上という難役を、岡田くんはものの見事にやってのけてます。あの時代を戦った男の顔でした。改めてすごい役者に進化しているなと感じました。

以下、映画の内容に触れる形で他のキャストさんについてもう少し。



続きを読む

【映画】君の名は。

maxresdefault

2016年8月公開
『君の名は。』 
監督・新海誠
声の出演・神木隆之介、上白石萌音

現在大ヒットを飛ばして話題の新海誠監督によるアニメ映画『君の名は。』をついに見に行ってきました。前から気にはなっていながらも今ひとつ決め手を欠いていたんですけど、友達から「これ好みだと思うよ」と太鼓判を押されたのをきっかけに映画館へ足を運びました。
新海アニメの評判は以前公開された『秒速5センチメートル』でチラホラ聞いてはいましたが、実際に見たのは今回が初めてです。なんでも、初めて大衆向けに創った作品との事で。そのマジックに私はものの見事にハマりましたw。素晴らしかったです!

まず最初にネタバレしない感想をいうとするならば…画が嘘みたいに美しいです。これは映画館で見たほうがいい!と思う理由の一つ。キャラクターたちはアニメっぽさがあるのですが、彼らの生きている世界の作画がまるで実写を見ているかのようにリアルでビックリしました。田舎の風景にしろ、都会の風景にしろ…、なんであんな細かくリアルに描けるんだろうかとただただ驚嘆。車や電車の動き、信号の変わり目、風にたなびく草、燃え盛る炎、祭りの提灯…それらもまるでそこだけ実写で切り抜いたのではないかと思うくらいの描写でした。
さらに目を見張るのが、「色」です。新海監督の特徴ともいえるということですが、色の使い方が本当に素晴らしかった。特に夜空を駆け巡る流星の描写は心の内をえぐるような(ドラマとのリンクで)残酷な美しさを放っていて本当に印象深かったですね。あの夜空のシーンはやはり映画館の大きなスクリーンで見てほしいと思います。

さらにストーリーが分かりやすく、かつ誰の心にも響く「人の想い」を中心に描かれていたのがとても良かった!最初は本当に他愛もないライトな展開でリラックスして見れるんですが、その合間にちょこちょこと後半に繋がるヒントがちりばめられている。そしてある時、主人公二人が同じタイミングである行動に出た時…一気にストーリーの雰囲気が変わり見る者をどんどんと惹きこんでいきます。
前半部分で少しずつちりばめた謎な部分が、徐々に「あぁそうだったのか」という想いにたどり着いていくたびに心の内側が熱くなり涙が幾度もこみ上げてきました。登場人物たちの想いが一気に動き出しやがて静かにクライマックスへ向かっていく流れも見事だったと思います。

RADWIMPSによるポップな音楽も不思議とこの映画の雰囲気にマッチしています。ストーリーにテンポがあったのも彼らの音楽あってこそでしょう。「前前前世」がヒットしているそうですが、映画の中にこの曲が流れてくるシーンは非常にアップテンポで音楽とリンクしていました。きっと曲だけ聞いてもこのシーンを容易に思い出せるのではないかと。



だいたい映画館で映画を見ると本編が終わった後エンドロールを待たずにチラホラ席を立つ人がいるのですが、今回はすべてが終わるまで誰ひとり席を立つ人がいませんでした。「君の名は。」はそれほど色んな人の心に何かを残す作品なんじゃないかと思います。


以下、少しネタバレ的な印象に残るシーンについて少し。ネタバレ入ってるんで知りたくない方はスルーを





続きを読む

【映画】NORIN TEN

なぜ高田世界館へ足を運んだか…といいますと、この映画を見るため(+舞台挨拶w)でした。

 
IMG_1287
 仲代達矢さん主演の『NORIN TEN』

 

この映画を新潟まで見に行った動機は、村上新悟さんが舞台挨拶に来るという情報を掴んだからという極めて不純なものでした。映画見る前日までまともにタイトルも覚えていなかったくらいで…今から思うとものすごく失礼でした、私。申し訳ないです。

 

見る前は正直、けっこうヘビーな内容なのかなと思ってました。稲や小麦の品種改良を成功させた稲塚権次郎さんという方の人生を追ったもので、映画的にはそういった研究についてのことが中心で分かりづらいんじゃないか…みたいな。

ところがどっこいw、この映画は育種(品種改良もの)だけではなく、しっかりした人間ドラマが描かれていたんです。特に夫婦愛!なので、すごく感情移入しやすかったし育種の研究シーンも見やすい作品でした。

 

舞台挨拶の関係上、25日と26日の2回見たんですが…それがすごくよかった。1回目見た後にガイド本を購入して(←これにはちょっとしたドラマがありますが)読んでいたおかげもあって2回目はさらに心に沁みました。

特に権次郎さんとイトさんの夫婦愛に焦点を当てて見ると、この作品はものすごく泣けます。私、2回目はこの二人の姿を見るだけで涙が止まりませんでした。イトさんの愛が本当に寛大で深くて思い出すだけでも泣ける…。それだけに後半の展開は衝撃的で、その後の権次郎さんの生活が変わっていったのも素直に頷けるし、切なくて切なくて仕方なかったです

 

権次郎さんが創りだした稲や麦は現在の世界の食に大きく貢献しているそう。あのコシヒカリも権次郎さんが祖になっているというのも驚きましたし、インドの食料事情を支えたのも権次郎さんが編み出した麦(農林10号)だったというのも感動だし。「NORIN TEN」は権次郎さんとイトさんの夫婦愛から産まれたものじゃないかなと思いました。

 

特に大きな事件もないし、ストーリー的には比較的穏やか。ですが、富山の美しい情景や昭和初期から中期にかけてのノスタルジーを感じさせる映像はなんだか懐かしさを感じさせますし、それに、日本人に生まれてよかったなって思わせてくれました。

なんていうか、日本人としてのDNAに沁みてくるような…そんな映画でしたね。

 

仲代達矢さんは晩年の権次郎を演じているので出番的には多くないんですけど、それでももう、圧倒的な存在感です。ちょっとトボけた可愛いおじいちゃん的なところとか、献身的にイトさんに寄り添うところとか、本当にどこをとっても沁みます。ラストシーン、手を震わせながら食事するシーンはすごく自然すぎて本気で心配になるほどっだったし。やはり仲代さんはすごい役者さんだなと思いました。

物語の半分以上を権次郎さんとして演じていたのが無名塾の松崎謙二さん。舞台的なお芝居だと感じることもありましたが、実に魅力的な権次郎を演じていらっしゃって、やっぱりさすが無名塾の役者さんだなと思いました。イト役の野村真美さんとの夫婦愛のシーンがものすごく温かくて、不器用な優しさのお芝居がすごく活きていたと思います。

あと、益岡徹さんの存在感も素晴らしかったです!権次郎との別れの能シーン、あれがすごく日本的で印象に残りました。

 

そして、村上新悟さんですが、出番は確かに少ないですがw、権次郎を温かく導く堀口先生役がすごくハマっててよかったです。声は「真田丸」よりも高めでしたね。なにせ、この堀口先生がいてこその稲塚権次郎なわけなので、けっこう重要な役。思ってたよりもセリフもあったし、青年期の権次郎が結婚するときにもお呼ばれしたりしてて、個人的にはなんか新鮮な村上さんの芝居見れて嬉しかったです。

この役で「種の起源」の講義をするシーンがあるんですが、ほんの少ししか説明セリフ使われてなかったにもかかわらず相当量覚えて現場入りしたという村上さん。熱い役者魂に改めて惚れ直したおぉ!

 

ちなみに、この映画で村上さん、堀口先生以外にもう一役で登場しています。「これ分かったらすごい」と言われてたので、けっこう目を凝らして見たんですが(笑)、私の予想のはるか斜め上を行く役柄で登場してたことが判明www。あれは分からんわ

 

昨年公開の映画なので、どこで上映されるか分かりませんが(世界館では8日まで)、とても良い映画だったと思うのでぜひいろんな人に見てほしいなと思いました。

 

IMG_1799
1回目の上映が終わって客席を出ると、村上さんと稲塚監督のサイン色紙が増えてました!ただ、下にあるのと上にあるの…逆に貼った方がいいんじゃないかと思ったのはここだけの話(笑)。


 

 

舞台挨拶レポートは こちら と こちら です。

 

スポンサーリンク



プロフィール

えりこ

スポンサーリンク
◆SCRIPT $(function(){ $('img').on('contextmenu',function(e){ return false; }); });