実に見応えのある第45回でした。こんな戦国ドラマを待っていた!!やっぱりロケ映像は迫力あるし見ていてテンション上がるしいいですよね~。久しぶりに戦国時代劇を見てワクワクしました。三谷作品特有の人物対人物の攻防も面白いんだけど、大河である以上はやはりこういう刺激も欲しかった。

冬の陣の発端は明石全登さんがお祈りの最中に襲われた木津川砦の戦い。急襲だったこともありあっさり陣を奪われてしまった全登さんたち。この方、戦ってるよりもお祈りしてるシーンのほうが多いからな(汗)。さらには今福砦も徳川の兵に襲われて大ピンチ。重成と又兵衛が助っ人に向かいますが時すでに遅しで何もできないままそこも奪われてしまいました。又兵衛さん、威勢だけはよかったんだけど…さすがにあの状況は死ななかったのが奇跡って感じだったよな
そんな状況に疑念を抱いた一人の男、毛利勝永。いちいちカッコいいよね、この人。木津川が襲われたのは全登がお祈りして居ないのを見計らったかのような夜、今福が襲われたのは守備を固めようと兵を増やそうとしていた矢先だった…。城の事情を知る者しか分からないような事態が起こっている。ということは、内部に内通者がいると考えざるを得ない。実に鋭い!冴えてます、勝永さん

勝永の話に心当たりを感じた幸村。鎌をかけるために呼び出した相手は…あの、牢人嫌いな織田有楽斎でした。やっぱりこの爺さんが一番疑わしいよな
まずは有楽斎の気持ちを掴むために「他言無用のここだけの話にしてください」と魔法の言葉から切り出しますw。これ言われると、「自分だけに話してる」って優越感みたいな気持ちが芽生えて相手に心開きやすくなるんだよねw。さすが昌幸の息子だわ、幸村。さらに「今回の戦は勝てる気がしなくて不安で仕方ないんです」と表では見せない弱気な部分を演出してさらに相手を油断させます。すっかり幸村の言葉に感化された有楽斎は大きな気持になって「わしは勝てると思ってる」と大きく出てくる。そこですかさず「城の西側にある博労口の砦がまだ完全ではなくて不安で仕方がない」と情報を漏らす幸村。その言葉を意味ありげに復唱し「弱気は禁物ですぞ」と励ます有楽斎。もうこの様子で、こいつ「黒」だなと幸村は確信したでしょうね。
そして、予測したとおり博労口はあっさりと敵の手に落ちることに。有楽斎が内通者であることがこれで明白になりました。しかし、なんで有楽斎は大坂城には不利なことを徳川に漏らしてんでしょうね。見返りが良かったのでしょうか?そもそも始めから豊臣には何の未練もないとか。だとするととても厄介ですぞ

その頃、信之の元に福島正則平野長泰が訪ねてきている。お二人ともお久しぶりの登場!福島さんは徳川についたものの秀頼への忠義心が捨てられずにこっそり物資を大坂城に運んだことが家康にバレてたっぷり絞られた上に戦からも外されてしまったらしい。福島と平野はひと時「お互い長生きしようなぁ」とやたらジジ臭い会話を交わした後w、信之にとんでもない頼みごとをしてきます。兵糧を調達して秀頼方に運び入れる手伝いをしてほしいと。家康の元で生き抜く決意をしていた信之にとってはとても危険すぎて受け入れがたい申し出です。しかし、「豊臣への恩返しがしたい」という並々ならぬ福島たちの気持ちも分からないでもない。またしても信之は岐路に立たされる羽目になってしまうんですねぇ
ダメ元で妻の稲にその話をしてみれば案の定「なりませぬ!」と即答。そりゃそうだわ。しかも稲さんは元は徳川の出だしそう答えるのは当然。真田の家も守らなければならないしそのためには徳川に頼るしかないことも分かってる。しかし、信之は「源次郎のために何かしたい」という気持ちが強い。弟想いのお兄ちゃんだよねぇ…ホントに。だけど徳川方には自分の息子たちもいるわけで稲が大反対する気持ちも当然なのです。
妻の激しい反対に凹む信之ですが、そんな彼に現在の運び出せそうな兵糧の情報をそっと伝えたのが元・妻のおこうさんでした。おこうさん、信之の妻だったときよりも今のほうがよほどデキる嫁っぽいじゃないか。そんな心遣いにホッと気が休まる信之でしたが…果たしてどう出るつもりでしょうか!?



大坂城では幸村が妻の春に戦への覚悟を語る。自分も食料を配ったりして力になりたいと語る春に堅く「城から出ずに娘を守るよう」言い伝える幸村。戦が始まればどんな混乱が起こるやもしれない。自分の命も保証できない。だからこそ春には自分の家族を守ってほしい。幸村の春に対する精いっぱいの思いやりと、そしてたぶん、自らの心の底にある不安の表れもあったかもしれないなと思いました。
今後について幸村は徳川の天下は何があっても動くことはないであろうということを予測していました。秀頼はおそらく一大名として生きることになるだろうと…。歴史を知る今だから思えるのは…そういう未来だったらよかったのにってことです…。たとえ一大名でも生きていれば…。その時幸村はどうするのか尋ねられると、一言「思うところはある」と答えました。彼がこの時思い描いていた自分の未来はどんなものだったのだろうか?切ないけどすごく気になる一言でした

幸村と一緒に語らおうとしていたきりは春とのやり取りを目にしてしまい近づくことができず陰から二人を見守っていました。ここだけ切り取ると、きりが切なく見えますが…私はやっぱりどうも苦手意識が消えません(序盤の負の貯金があまりにも大きすぎた 苦笑)
そんな彼女の所にやってきた茶々。きりの心中もしっかり御見通しのようで何やらニンマリ楽しそうw。この人にはいまだ戦に対する緊張感というものが感じられませんね。きりに興味を覚えた茶々は有無を言わさず自分の侍女に抜擢してしまいました。きり、今度は茶々の元で色々なものを見ていくのね…。たぶんあの惨劇。きりは幸村が見ることのできない世界を視聴者に見せる役割も担ってますから天職が多くて大変だ

茶臼山の家康の本陣では「真田丸」に対する対策軍議が開かれていますが、その脅威を息子の秀忠は今ひとつ理解できていない様子。真田丸の本当の恐ろしさを家康だけは察していたようで秀忠の振る舞いは見ていてイライラしてくるっていうの分かる気がしたw。ここに経験値の差が出てるわけだね。

いよいよ目前に迫る冬の陣。真田丸の櫓の上から内記と戦場となる場所を眺める幸村。ふと赤備の大群が目に入る。

幸村
「あれは井伊直孝の軍。井伊直政の次男坊じゃ。向こうにもここに至るまでの物語があるんだろうな」
内記
「一度聞いてみたいものですなぁ」

井伊直孝はこの当時「赤牛」と恐れられるほどの人物だったそうで、父の直政は井伊直虎の養子に当たります。つまりこれは、三谷さんによる時期大河ドラマ「おんな城主・直虎」へのエールを込めたワンシーンだったとみて間違いないと思います。過去、『新選組!!土方歳三最期の一日』でその年の大河にエールを送ったかのようなセリフが出てきて話題になりましたが、あの時は「偶然だった」とそれを否定してた三谷さん。ですが、今回は確信犯だったと思います。三谷さん、大河ドラマ大好きですからね
ちなみに、井伊直孝に関するエピソードで有名なのが「猫」エピソード。直孝が鷹狩の帰りに豪徳寺で猫がまるで手招きしているように見えたので寄ってみると雨が急に降り出して濡れずに済んだ。この猫と直孝の赤備をモチーフにして誕生したのが
IMG_6085
ひこにゃんです
好きだわ~~~~ひこにゃん!!!めっちゃ癒されるんですよ、この子

話が少しそれました

そして幸村たちの目にはもう一つの陣が目に留まります。上杉景勝の陣でした…。こんな形で再会することになろうとは、幸村も御屋形様も思いもよらなかったこと…。複雑ですよね。
そんな上杉主従にさらにプレッシャーをかけるのが家康でした。ジジイになっても内野家康、ドSですよ、ホント

まずは御屋形様にネチネチと真田の悪口を並べ立てる家康さんw。当然、未だに源次郎を息子のように慕う心がある御屋形様としては気分のいいものではありません。
その様子を見かねてか、兼続は「上杉に何をせよと?」と家康に尋ねる。相変わらず有能です兼続さん!!っていうか、久しぶりに言葉を発する村上新悟さんの直江兼続見れたよ~~~←私の視点そこww
しかし、ドSジジイ家康が上杉主従に下した命令は「真田丸を落とせ」という残酷なものでした。その命にすぐには返答できない御屋形様…そりゃそうだよ~~~。一番聞きたくなかった命令だろうしね。そんな景勝の気持ちを分ったうえでさらに嫌味の上塗りをしてくる家康。関ヶ原の時にたてついたことを持ち出すと…
mp4_001085376
「まだその話を蒸し返しますかぁ~」
と兼続も負けてはいません。こんな時やっぱり頼りになるぜ、セコム兼続(なんかこの呼び方久しぶり)。いやだって、あんな攻撃的なながーーーーい文章書いた張本人だからねw。あれ最後まで読み切った家康も正直私はすごいと思ってんだけどww。その直江状の全容は動画サイトに公開中なのでぜひ聞いていただきたい
それでも、「そのせいで120万石がどんだけ減っちゃったんだっけ?」と嫌味言ってくるあたりほんと小憎たらしい家康さんです。なんかもうねぇ、内野さんのその嫌味の言いっぷりが痛快で憎たらしいんだけど憎み切れないのがもどかしいんだよ、今回の家康w。領土のことを持ち出された上に、ここで真田を叩いて忠誠心を見せるいい機会と畳み掛けられたらもう上杉主従としては返す言葉がありません。
さすがの兼続も
「かしこまりまし た」
と了解せざるを得ませんでした
この時の、村上兼続の返答の仕方が実に絶妙で面白かったです!!「かしこまりまし」「た」の間を微妙に空けて答えることで納得いかない気持ちが滲み出てることを村上さんは見事に表現していたと思います!!こういう細かい芝居が好きなんだよね、本当に。そんな村上さんの兼続をテレビで見られる機会もあとわずかだと思うと寂しい…

家康の命を聞かざるを得ないことに心がざわつく御屋形様に対し、
「致し方ありませぬ…。ここで拒めば、上杉の生きる道はございません」
と、優しく諭すように語りかける兼続…。上杉が生きるためには徳川につくほか道はない。それでも源次郎とは戦いたくない。激しいジレンマに苦しむ御屋形様の心を知っているからこその、兼続の優しげなセリフの響きがなんだかとても切なくて泣けました。だって、兼続も御屋形様と同じ心だと思うしね…。それでも彼は矢面に立つ。素敵な家臣だよ、村上さんが演じる兼続は

その頃大坂城では、総大将として先陣に立ちたいと申し出てくる秀頼に幸村たちは戸惑いを見せていました。秀頼は若いからね。表に出たい気持ちも分からなくはない。しかし総大将はそんな簡単に表に出るものではないと周囲は必死に止めるのでショボーーンとなっちゃうw。そんな息子の代わりに自分が陣中見舞いに訪れると言いだしたのが茶々です。
そして、秀吉が着ていたフリフリ付きの鎧を見に纏い真田丸にやってくる茶々。やたらテンション高く士気を上げるような発言をして得意満面顔なのですが、作兵衛たちは正直口あんぐり状態で士気が上がるどころか「何のためにやってきたんだ?」と錯乱状態。真田丸の茶々って、戦に関しては本当に楽観主義的な面が強いので周囲にも「ただはしゃいでるだけ」と伝わってしまうんですよね。

一方、信吉の陣では徳川から「上杉の下について真田丸を攻略せよ」といった文が届き頭を悩ませている。信政だけは戦に参陣することの興奮を抑えきれずに一人テンション上げ上げ状態ですけど。なんかこうしてみると信政、哀れですよねぇ。
三十郎は真田同士の衝突を避けたいことから佐助を呼び出してその状況の文を幸村に届けさせます。戦闘開始時間が長引けば真田同士が戦わなければならない事態になってしまうかもしれないことを危惧した幸村は一部の人たちだけに次の日の朝仕掛けることを告げます。有楽斎達に聞かれないよう、信頼できる人だけに伝えたのは正解だったね。

幸村は戦端を開くきっかけを作る役割を息子の大助に託します。これが大助の初陣になりますね。たしか大坂歴博のトークショーの時に「もうすぐ初陣のシーンの撮影があるんです」と嬉しそうに浦上くんが話していたので、収録した時期は9月中旬から下旬ころになるのかな
小高い丘の上で、六文銭の旗を振り回し「高砂」を大声で歌いながら敵を挑発する大助。この光景、前にも見たことがあるぞ!!そう、第一次上田合戦の時、幸村が「源次郎」だった頃、昌幸から託されたあの挑発ですよ!!あぁ、こうやって真田の血は引き継がれていったんだなぁと思うとなんだか感慨深いものがありましたね。でも、源次郎の敵を小馬鹿にしまくった「高砂」に比べると大助のは至って生真面目な印象。そのあたりは親と子でちょっと違いがあるかな。でも結果的に敵を挑発に乗せて引寄せられたのですから結果オーライです。よく頑張りました、大助!

そしてついに、後に大坂冬の陣と呼ばれる戦いの火ぶたが切って落とされました!!!

真田丸内の連携は実に見事。それぞれが、それぞれの持ち場で存分に力を発揮!幸村の出す指令を次々と着実に、そして忠実に実行していく様はもう見事というよりほかはありません。この戦いのシーンはちょっと文章で表すのが難しい。それくらい観ていて痛快極まりなかったです
最初は幸村の策がことごとく的中し、見事に敵の侵入を防いでいましたが、ちょっとした予想外のトラブルもあり一時敵を城内に入れてしまう。しかし、そんな時でも真田勢は慌てない。又兵衛の見事な槍捌き、内記の見事な弓捌き、そして…勝永の絶妙な銃は盛親の危機を見事に救う!!!武闘派・勝永のドヤ顔は最高にカッコよかったぜ!!
幸村も槍を振るい刀を振るい敵をなぎ倒していく。幸村がここまで戦に積極的で活躍したこと、これまでなかったですよね。なのでものすごく新鮮で、経験値が浅いとはとても思えないような奮戦っぷりがとにかく惚れ惚れするほどカッコよかった!!私はこんな堺雅人さんの幸村をずっと見たかったんだ!!!!

真田勢の奮戦に徳川勢はついに堪らず兵を引き始める。その様子を丘の上から見守っていた上杉主従。
mp4_002063822
「味方が兵を引いております!!??」

いやぁ、こんな、びっくりぽんな表情した村上兼続初めて見たよ。もう本当に、純粋に、源次郎の見事な戦いっぷりにビックリしたんだろうね~。ここにきて、ついに表情が崩れる村上さんの兼続が見られるとは

引き上げる兵を確認した幸村はついに真田丸から出る。

「仕上げじゃ!!!」

なんってカッコいいの、堺幸村!!!!!その背中のなんと逞しいこと!!!ほんと、負ける気がしませんよ!颯爽と馬を駆け出し、敵の前に出た幸村は堂々と名乗りを上げます。幸村のアドレナリンはこの時最高潮だったのではないでしょうか!!もう、ほんと、ぞくぞくするほどカッコよかった!!!
次から次へと敵を馬上から斬り倒していく堺さんの勇猛果敢な芝居はもうほんと、最高に素晴らしかったです
mp4_002148583
こんな堺雅人の真田幸村が、ずっと見たかった!!!!

そんな幸村の戦いっぷりに胸震わせていたのは視聴者だけではありません。そう、自分の息子にしたかったとまで言って源次郎を可愛がっていた御屋形様…上杉景勝と、直江兼続も同じ気持ちでした…。
源次郎のあまりの勇猛果敢っぷりに、村上兼続さん、本日2度目のびっくりぽんw。驚いている表情が御屋形様とリンクしているのも素敵です。
そしてその驚きはやがて言いようもない感嘆のような気持で満ち溢れていく二人(これもリンクしてるところが素晴らしい)。敵方にいるけど、やっぱり源次郎はこの二人にとって特別な存在なんだよ。兼続も、源次郎のことを可愛いって思ってるって村上さん言ってたけど、その気持ちが一番顕著に出たのがこのシーンだったかと思います。そう思うとなんだか感慨深くて泣けます
そして景勝は源次郎のほうに向かい叫びます。

「天晴な戦いぶりよ…!!日の本一の兵ぉぉ~~~!!!!!真田左衛門佐ぇぇ~~!!!」

mp4_002174342
思いの丈を叫ぶ御屋形様をまるで子供を見守る親のような穏やかな表情で見守る兼続と…
mp4_002181927
息子とも慕う源次郎の成長が何よりも嬉しかった景勝の満面の笑み。

なんて素敵な上杉主従
この二人の想い、幸村に…源次郎にどうか届きますように…。そう思わずにはいられない感動シーンでした。

mp4_002260050
見事に徳川を撃退した幸村たちは意気揚々と真田丸に帰還。赤備の兵たちが一斉に勝鬨のような歓声で迎える様はまさに圧巻の一言!!やっぱりロケ映像の迫力は違う!!この勝利の時がいつまでも永遠に続けばいいのにってホント思っちゃいますよね…。

勝鬨を威勢よく上げた後、興奮を鎮めるかのように一人陣の奥に座る幸村。そんな彼に「天下の名将の采配をこの目で見られて本当に感激しました!」と興奮気味に語る重成。しかし、幸村はそんな若い重成をこっそり自分の元に呼び出して「ここだけの話」として本心を伝えます。

「実は…かような大戦、私も初めてなのだ!心の臓が、口から飛び出そうであった…!!」

そうなんだよね。今まで表で戦って名を上げてきたのは父親の昌幸が圧倒的に多かった。源次郎はそんな父の戦いっぷりをいつも間近で見てきただけで、大きな手柄を立てたことはなかった。今回のあまりにも神がかったすばらしい采配にそのことを忘れてしまいそうだったけどw、彼が先頭に立って戦をするのは実は冬の陣が初めてなんですよ。歴史的にも幸村の名前が大きく注目されるのがこの冬の陣が初めて。
そう考えると、本当に真田信繁という人はなんとすごい人物だったのだろうと改めて思い知らされます。人生の後半に輝きを増すなんて…。

あんなに自信満々で頼もしかった幸村が最後に見せた本音。こういう人間味が溢れるところも好きです。勝利の喜びテンションで幸村シーンで終わらせなかったところがいかにも三谷脚本らしいなと思いました。

しかし、冬の陣はこれで終わりではありません。家康はこの後ある隠し玉を持ってくる…。その運命の回が次回。きりの指南役についていたあの侍女はたぶん…