幸村たちが大阪へ入ってからストーリーも佳境へと動きだしましたね。さらには信繁が九度山での苦労を綴った手紙の原本が発見されたというニュースも飛び込み、クライマックスに向けてますます盛り上がってきました。
全体的には今回も楽しく見れたのですが、1か所だけ個人的にどうしても毒を吐かずにはいられない展開がありまして…(苦笑)。相当辛辣なこと書いたので文字薄くしましたw。読んでしまった後の苦情は受け付けませんので自己責任でお願いします

ついに14年ぶりに茶々と対面した幸村。まさに運命の再会。「戦が始まるおかげでまた会うことができた」と未だにどこか浮世離れな発言をする茶々がなんだか新鮮です。これまでの茶々(淀)は家康憎しの鼻息がめっちゃ荒いキャラが多かったのでねw。
その対面の場に新たな人物がまた登場。織田信長の弟・織田有楽斎です。一説には東京の有楽町の語源になった人と伝わっているそうですね。幸村を見るなりヨイショのオンパレードw。そんなに頼りにしてるのかと思いきや、幸村がいなくなるとコロっと態度が変わって「これくらいおだてておけば十分でござろう」と言い放つ。大蔵卿(治長と治房のお母さん)も思いっきり同調。いや~~、怖いですねぇ、この二人!幸村のことは戦を有利に運ぶための手段としか思っていない様子。「真田をあまり信用しちゃだめですよっ!」って大蔵卿も茶々に釘刺してるわけですが(苦笑)、茶々本人は本気で幸村を当てにしているので何故二人がこんなに彼を警戒してるのか理解できない様子でした。たぶん幸村本人も自分は信用されてないんだっていうのはあの場で悟ってたと思うんだけどね。家康と同じように茶々も周りの意見に呑み込まれていくタイプなのかも。
ところで、有楽斎を演じていた井上順さんの声が掠れていたのが気になりました…。見た目はお元気そうだったので役作りならいいのですが…大丈夫なんだと信じたい。

秀頼から絶大な信頼を得ている幸村。そのため、相部屋が多い他の牢人とは区別して一人部屋にしたり親族も手厚くもてなそうとしたり特別扱いするよう治長に伝えていた様子。うっわっ!!この対応はダメでしょう、秀頼君その親切心は帰って幸村を苦しめるよ~。ただでさえ寄せ集めの猛者がワンサカして十分じゃない環境で我慢させられてるのに一人だけ特別待遇したらそりゃ白い目で見られるでしょ。前回は立派な若者に見えたけど、トップとしてはまだまだ未熟だってことだよね~
案内してる治長も「秀頼さまに言われたから仕方なく、なんだからね」感バリバリw。幸村への友好ムードは前回の後半で悪い方向に変わっちゃってたしね。ちなみに、今回治長の弟の治房が初登場。いかつい風貌で不器用な様子に幸村も思わず「ご機嫌が悪そうで」と口をついてしまうほどw。お兄さん曰く、ああいう風貌だから気にしないでってことでした。治房役の人の顔つきが格闘技系の人だなぁと思ってたら、本当にそっち方面の役者さんでした

治長に案内されて入ったのは御文庫部屋。かつて三成や吉継たちと議論を交わした…幸村にとっては思い出が詰まった部屋。あんなにたくさんあった書物はすでに一冊もなくがらんとした状況。それが時代の変化を感じさせて何だか物悲しく映りました…。でも、三成と吉継の魂はまだそこに宿っているかのよう。きっと幸村の力になってくれるだろうと、そんな事を想わせるワンシーンでした。
自分の部屋に戻った幸村は息子の大助から秀吉について聞かれます。父がかつて仕えた天下人について、大助は知っておきたい様子。そんな彼に幸村は大阪城の天守閣よりも大きな人だったと伝えます。この場面見た時、私は不意に、大助が秀吉が天守閣よりも馬鹿でかい大きさだったと解釈してませんようにと思ってしまった(汗)。いや、大助君、ほわ~って風に見上げてたんでついお父さんの真意が正しく伝わっていますようにw。

そんな親子の会話の最中に後藤又兵衛と毛利勝永が訪ねてきました。友好ムード…ってわけではなさそう



又兵衛を見た幸村は「どこかで会ったことがありますよね?」と尋ねますが「いいや初対面だ!」と真っ向否定されてしまいます。何度尋ねても堂々巡りで同じ問答の繰り返しにw。又兵衛さん、あんた、三成が七将に襲撃されそうになった時に黒田家家臣として陽気に乗り込んできて源次郎と源三郎の将棋邪魔してたじゃないかww。って、あの時は二人のことそんな気にも留めてない風だったから覚えてないのも無理ないかもね
勝永の「話が先に進まん」という冷静な一言でこの場は収まります。勝永、デキる男だ!彼らがやってきたのは幸村をけん制するため。ようは、自分だけ特別扱いされて浮かれてんじゃないだろうな!?と探りを入れに来たと。後からのこのこ来たくせに秀頼にも謁見できちゃって、さらには個室まで用意してもらえてる幸村に対する想いは決して良いものではない。
ところが、個室に関しては勝永ももらっていると聞いてしまった又兵衛wwえ??なんで俺は相部屋!??ってそうなるわな、当然。又兵衛とはレベルが違うと言い放つ勝永も問題アリな奴だったということだね、妙なエリート意識が強い奴ってことで(苦笑)。
flv_000449947
信繁の部屋でメリーゴーランド状態でぐるぐる揉めだす又兵衛と勝永w、文句を言いに来たはずの幸村に「まぁまぁ」となだめられるという、なんとも三谷ワールドな展開でござった

かえって個室部屋での特別待遇が肩身の狭い想いとなってしまった幸村。堪らず相部屋を志願して移動することに。この時背負ってた荷物が柱にガシっと当たっちゃってビビってたのは、あれ、ハプニングか!?計算でやってたとしたら堺さんも受けた今井さんもすごいけどw。
で、幸村の相部屋の相手となったのが長宗我部盛親さん。個室を満喫していたであろう盛親さんは突然の相部屋状態にご不満の様子。いかつい風貌とやけに力の入った挨拶に幸村もタジタジですw。それでも個室にいるよりかはまだ精神的にマシかもねww。
ちなみに又兵衛の相部屋の相手は…キリシタン大名の明石全登さん(宇喜多家元家臣)なわけですが、日課なのかいつも大きな声でデウスに祈りをささげているようです。あぁ、こりゃ、又兵衛さん、全くそりが合いそうにないねwwww。逆によく耐えて頑張って相部屋やってるよww。幸村に文句言いに行きたくなる気持ちよく分かりました

一方、駿府の家康の耳にも幸村が大阪入りしたことが届きました。衝撃を受けた家康は震えながら「父親か!?息子か!?」と怯えまくり。よっぽどトラウマなんだねぇ、昌幸のこと。自分の脅威になるからと遠くに追いやって優位にいたはずなのに、そのことに対する呪いみたいな妄想にとりつかれちゃっているのでしょうか。正純から「もう安房守は死んでます」と言われてちょっとは安堵したようで「入っちゃったもんは仕方がない」って気持ちになったようだけど…それにしても家康も年老いたなぁと。ギラギラしてた頃とは雰囲気が違う。老人になってからの精神的衰えみたいなところを内野さんがすごく上手く繊細に演じてるなと思いました。
幸村が大坂城に入ったということで、家康も戦支度を急ぐように伝えます。そんな家康に阿茶は「幸村ごときに天下の大御所様が怯えてどうするんです!?」と超強気!!豊臣家の待遇についても家康は「どこか遠くに追いやってそこで大人しく暮らしてもらおうと思ってる」と話しているのに対して「そのように生ぬるいことを!」とため息。将来の不安な芽は摘んでおくに限ると。秀頼の嫁にやった千姫は上手いこと言って取り戻せばいい、そのあと攻め滅ぼすべし!と…それはそれはまぁ、女子とは思えない恐ろしい提案してくる阿茶様。信長や秀吉はもっと酷いことしてきたんだからこれくらい罰は当たらないと言わんばかりの勢いw。コワっっ!!!家康はとんでもない女子を傍に置いていたんですね~~。天下取りに迷ってた時は本多正信が策を弄して家康を焚き付けその気にさせてたけど、今度は阿茶さんが過激発言で家康にハッパをかけるわけか。この二人がいなかったら、家康はもしかしたら好好爺になっていたか…もしくは攻め滅ぼされてこの世にもういなかったかもしれないね。そういう意味では今回の家康も新しいタイプでなんだか新鮮です。

息子の秀忠は家康が未だに幅を利かせているのが不満なご様子。ひねくれキャラ設定は変わってないのねw。その脇にいる正信さん、すっかりおじいちゃんになってしまわれた。カリカリしがちな秀忠の脇で好好爺のようにニコニコ見守ってて…あぁ、正信も年老いたんだなぁと実感。
江は娘の千姫のことが気がかりでならない。でも、豊臣が邪魔って気持ちだけは強いみたいね。聖子ちゃんが演じる江は気の強さが瞳に表れていてゾクッとさせられます。さすが舞台で場数踏んでるだかるなぁと。いつか歌いだしたりしないだろうかw。秀忠と江が「豊臣をぶっ潰してやろうぜ」的な空気で一致していると、信之が訪ねてきたという知らせが入る。すると途端に柔和な表情になる秀忠くん。あの初めて意気投合した時からいい関係が続いているようで何よりです

秀忠の元に自分は参陣できないことと、代わりに息子2人が参陣することを伝える信之。気の荒かった信政は信吉が嫡男に選ばれたことに対してすんなり受け入れられたのかな…。その所だけがちょっと心配。でもまぁ、茂誠と三十郎が一緒なら大丈夫かな。二人とも信之の元に来てさらに逞しい武将になったような気がします
ところが息子二人が江戸を出発した直後に佐助がやってきて弟が九度山を出て大阪に入ったことを信之に知らせます。予想外の出来事にいら立ちを隠せない信之。このままでは息子たちが叔父と戦うことになってしまうわけですからその動揺する気持ちは痛いほどわかる。
自分が参陣すればよかったと悔やむ信之に「江戸で休んでいたほうが」と口をはさんだ綱家さんは丸められた手紙を投げつけられてまた歯の調子がおかしくなってしまったようでしたww。歴史は繰り返すってやつですかねw。まぁ、犬伏の時の竹筒よりはマシだろうけどw。
信之の怒りはもっと早くに知らせに来られなかったのかと佐助にも向けられます。佐助と言えば…九度山できりに思いっきり信之の悪口言いふらしてたよな。また心象悪くなっちゃったんじゃないの?源次郎が加わったことで大坂方の結束が固まるのではないかということも気がかりな信之。そう思うってことはもう本当に徳川方に骨をうずめる覚悟ができてるってことですよね。その様子をジト~っと見ていた佐助がちょっと怖い…

「弟は名前を変えた。儂が捨てた“幸”の字を拾いおった…。やつは本気じゃ」

この信之の一言が非常に印象的でした。真田はどんなに離れていても心は一つって合言葉のようにしていたのに、時代がそれを許してくれないような気がして、なんだか悲しかったです

しばらくして佐助は作兵衛に会い、幸村が来てほしいと言っていると伝えます。これって当然、信之にはナイミツニナな出来事ですよね。ということは、佐助が信之の元に来た本来の目的は作兵衛の引き抜きだったのか。たぶん幸村が大阪入りした知らせを息子たちが出陣した後に持ってきたのも策略の一つだったのでは…。なんか、酷なことするよなぁ幸村もって思っちゃう…。信幸が断腸の想いで徳川方について陰で必死に源次郎たちを守ろうと頑張ってた姿知ってるから、なおさら…ね
もともと徳川についていることに違和感を持っていた作兵衛はこの話に歓喜。作兵衛にとってはやはり源三郎よりも源次郎の傍にいたかったって気持ちが最後まで拭えなかったんだろうね。駆けつける前に、ずっと育ててきた妹の忘れ形見で源次郎の娘・すえの祝言を挙げさせる作兵衛。きっと彼はこれが今生の別れになるかもしれないってことを悟ってたでしょうね。ところが、隠れて祝言してる現場を何気なく通りかかった綱家さんに見つかってしまう。

誰にも見つからないようにひっそりと佐助と共に幸村の元へ向かおうとする作兵衛たち。その門前に信之は恐ろしい形相で立ちふさがります。どうしても源次郎さまの所へ駆けつけたいと懇願する作兵衛に
「そなたは儂の家臣であることを忘れるな!儂の家臣ということは即ち徳川の配下ということだ!」
と一喝。うん、信之の言う言葉は一言一句間違っていない。作兵衛のやろうとしていることは裏切り者の反逆行為にしか過ぎないのです。それでも、それでも源次郎の元へ駆けつけたいという作兵衛の気持ちはもう覆ることはない。
そんな彼を見て信之はものすごく心が痛かったと思うんです…。自分だって本当はあの犬伏の時、父や弟と一緒の道を選びたかったはず。それでも戦国の流れに逆らえず「真田」の家を守るために泣く泣く徳川についた。兄として、長男としての苦しい選択だった。そんな覚悟を以て今がある信之にとって、それでも弟の元へ向かおうとする作兵衛の行動は許せなかったと思うんですよね

「儂に斬らせるな…!儂に斬らせるな!!!!」

信之にとっても作兵衛は失いたくない付き合いの長い大切な家臣。だけど裏切り者をただ見過ごすことは真面目な信之にはできない。頼むから考えを変えてくれという、信之の切なる願いが「斬らせるな!」というセリフの中に込められていて…もう、この時の信之の心情考えたら切なくて切なくて涙出ましたよ
本気で斬りにかかってきた作兵衛をものすごい形相で圧し戻す信之。その迫力は作兵衛を圧倒し、一気に劣勢に追い込まれてしまいます。作兵衛の槍を突き飛ばすほどの迫力はすさまじかったね…。でもなんか、心はすごく泣いてたような気がするよ、信之…。そして追いつめた時、信之は改めて自分の覚悟を宣言する。

「儂は徳川に忠義を誓ったのじゃ!!!今更曲げるわけにはいかん!!源次郎のようにはなれんのじゃ…」

信之の壮絶な覚悟を改めて思い知らされた気がして…このセリフはものすごく泣けました。自分にはこの生き方しかできない。だからあの時、本気で作兵衛を斬り捨てようとした

ところが、まさに振り下ろそうとしたときに持病が出て手の力が入らなくなり刀を落としてしまう。作兵衛はこれを信之の温情と受け止め、礼を述べつつ、いそいそと支度を整え佐助達とともに源次郎の元へ旅立ってしまいました…。本気で斬るつもりだった信之は思わぬハプニングに戸惑うばかりで「違うんじゃ…!」と言ってももうその言葉は届かない。

※この展開について、私個人的にものすっっごく腹が立ちましたので文字薄くします。かなり辛辣な書き方になってると思うので自己責任でお願いします(マヂで)

ココカラ

ちょっと・・・なに、あの、落とし方!!???私、信之にすごく感情移入して涙ぐみながら見てたんだよ。なのに、なんでああいう、コメディっぽい落とし方するかな~~!!??なんであそこで、クスっとさせたいみたいな演出にするわけ!!????ありえない!!!!ぜんっっぜん笑えないんですけど!!一緒に見てたダンナなんか「なんだあの茶番」って斬り捨ててたぞ!
ユーモア入れたいっていうの、三谷脚本にはありがちだからこれまでも違和感はあってもまぁ仕方ないかって何とか受け止めてきたよ。基本、大河であまりユーモアなシーンたくさん入れてほしくないんです。組は若者たちの青春群像記みたいなところがあったから受け入れられるの多かったけど、今回は正直苦笑いさせられることが多い。これは個人の好みだから仕方がない。
だけど、今回の、信之と作兵衛のやりとりでの最後の落とし方は…あれはないだろう!!!あそこまでシリアスな展開で進めていたのに、落とすところでなぜあんな軽い扱いにしたのか!!??あのシーンは初めからそのつもりで見ろと!?そんなん予想できるか!!!!人間ドラマとして入り込んで見てしまった私のあの時間を返せ!!!照れ隠しとかそんなんいらないんだよ!!!

ココマデ 



はぁ~…少しスッキリした


大坂城では秀頼が幸村に千姫を紹介しています。「彼女は何があっても豊臣の人間としてついて来てくれるって言ってくれてる」とドヤ顔で話す秀頼でしたが、横にいる千姫は「え…そんなこと私言ったっけ…的な微妙な表情をしているのが気がかりです。これまでの千姫は秀頼にぞっこんでどこまでもついてきます的なお嬢さんだったけど、真田丸の千姫はそのように描かれないのかもしれません。幸村は千姫のそんな微妙な表情を見逃していませんでしたね。今後どうなるんでしょうか。
さらに秀頼は幸村に豊臣の総大将になってくれないかと直々に申し出る。あまりにも大きな申し出に戸惑いを隠せない幸村。ただでさえ特別扱いされてるって白い目で見られてるのに、この上総大将に任命されたと知られたら又兵衛とか特に黙ってなさそうだしねぇ。秀頼が自分にだけ好待遇しようとしていることに幸村は不安すら覚えている様子です。
そんな迷える幸村の背中を押したのは、意外にも同部屋のコワモテ顔・盛親でした。戦が終わった後は寺子屋を開いて子供に読み書きを教えていた盛親は今更戦と言われても正直やり方を忘れちゃったよ、とw。今回参陣したのも長宗我部再興をと唱える家臣たちに背中を押されて仕方なく来たらしい。本来戦が好きではないという盛親に思わず「そうは見えませんが」と口走ってしまう幸村に吹いたww。あのイカツイ系の風貌なので屈強な武将と誤解されがちなんだとか。個室を満喫していたと思ってましたが、実は部屋が広すぎて寂しい想いをしていたことも判明www。どんだけヘタレなんだよwwww。だから、幸村にはぜひトップに立ってもらって自分の盾みたいになってほしいとそんなわけらしい。
何で阿南さんが配役されたのか分かった気がしたわw。こういうキャラ、ハマるよね~。ギャップキャラは三谷さんの好物でもあるし。

いよいよ大広間で軍議が開かれようという時、幸村の元に右衛門が自己紹介にやってきました。なんでも加藤嘉明のもとで鉄砲隊をやっていたらしい。でもこの人もなんかクセありそうだよなぁw。自己紹介するときのあの妙なドヤ顔www(あれ、撮影の時に何パターンかやってたらしく堺さんが思わず吹き出した歌舞伎バージョンってのもあったらしいwww)
flv_001714302
律儀に名刺・・・ならぬ自分の名前が御丁寧に書かれた木札を渡すのがなんだか可愛かったけど

秀頼が入ってきていよいよ軍議開始かと思われた時、又兵衛が真っ先に発言する。「大坂城に集まった牢人たちは今はみんな同じ身分であり、同じ志を持っている。故に誰かを特別扱いするような事だけはしないでほしい」と釘を刺す。つまりは、誰か一人を依怙贔屓するんじゃないぞ、こら!と牽制したわけですね。この発言に対して治長は「持ち帰って吟味する」とお役人的回答でかわす。この場はそれで収まったものの、その後の展開はそれを許さない。

まず最初に議題は、総大将を誰にするのか。これは前に内示が出ていた通り幸村にしようと思うということで丸く収めようとしたわけですが…真っ先に異を唱えたのは案の定、後藤又兵衛でした「自分たちは真田に従うために来たのではない!」と鼻息が荒い又兵衛ですが、そう思っているのは彼だけではない様子。それを見た幸村は「自分も総大将になりたかったわけではない」と前置きしたうえで「だけど、これまでの中で徳川との戦いを熟知してきたのは真田だから自分がトップになったほうが何かと都合がいいのでは」と一歩も引かない様子。
徳川のことは真田が一番よく分かってる、みたいに言われたもんだから心象を悪くしてしまった勝永さん。「上田城の戦いではお前は旗を振ってただけって聞いてるけど!?」と反論。うん、まぁ、たしかに…あの時はそんな感じだったよね。しかし幸村は「あれはただの噂!」と突っぱねる。ハッタリかましてます、幸村!このくらいの勢いが無きゃあの中で立ち回れないもんね。明石さんは幸村推しをアピールしたけど又兵衛に一蹴されちゃうしw、有楽斎は悠長に「そんないきり立たないで穏やかにやってこうや」と緊張感がない。
そこで又兵衛が幸村よりも総大将に相応しいとして白羽の矢を立てたのは長宗我部盛親でしたww。突然自分が指名されて戸惑いを隠せない盛親さん、戦が苦手なヘタレ者って知ってるの、幸村だけだからね~。それに対してあくまでも幸村推しの明石さんは「さっき依怙贔屓するなと言ったのはお前じゃないか」と逆襲ww。まるで子供のケンカかよwww。

最初の議題から紛糾しまくりの軍議に堪らず幸村は治長に裁定を任せようとする。ところが、治長が発した言葉は「この件はひとまず預かり…」とまたしてもお役人的回答で決断力がない。その回答に怒りが爆発した勝永は「敵はもうすぐ攻めてくるのにそんな悠長なこと言ってる場合じゃないだろう!」と一喝。そうだ、その通りだ、よく言った勝永!!
あまりの猛者たちの迫力に、最初は堂々としていた秀頼も「こんなはずでは…」と次第に自身の無さが顔に表れてくる。やっぱりまだ若造だってことだよね。その表情を見逃さなかった幸村はいち早くこの場を収めるために自分は総大将を辞退すると発言します。これを聞いてすぐに自分も辞退すると宣言したヘタレ盛親さんww。結局誰も引き受けないことみたいな空気になって、それぞれ自分たちで戦おうぜ!と又兵衛が息巻いてかなり危険な状態に。秀頼的にはそれが良いことではないという事だけは理解できているようで、すぐに言葉を発することができない。
その空気を覆すべく発言したのはやはり幸村でした。誰か一人を立てると角が立ってしまうけど、戦い勝利するにはやはり大将は必要不可欠。よって、いくつかの部隊に分けてそこにそれぞれ大将を置き、それを総括する総大将として秀頼が立つのが良いのではないかと。なるほど、これならだれも文句言わないよね。さすが幸村、頭がキレる。この案に対して治長はまたしても「いったん預かって吟味」しようと提案するわけですが、「おまえはいったん預からなきゃ何もできないのか!!」と又兵衛に一蹴されてしまいます。そりゃそうだよ。事はそんな悠長なこと言ってる場合じゃないっつうの
さな
というわけで、再び話を前に進めたのはまたしても幸村。隊を5つに分けて、それぞれの頭に又兵衛、勝永、盛親、全登、そして幸村を立ててはどうかと。自分が選ばれたことで又兵衛も今回は異存がなさそう。こうして、大坂五人衆が幸村の発案で結成されることになりました。ほとんどを幸村に仕切られる形となった治長はますます幸村に対する心象が悪くなったようですが、今後戦が始まった後にそれが後を引かなきゃいいなとちょっと懸念してしまいます。

こうしてようやく波乱の軍議を終えて戻ってきた幸村と内記。内記はあまりにも自分勝手な牢人たちや彼らをまとめる力がなさそうな治長、そして周りの迫力にビビってしまった秀頼の様子に辟易したようでしたが、幸村はそれとは違う印象を持った様子。

「あの者たちは今の状況から這い上がろうとしてここに集った。無理やり駆り出された徳川の兵たちとはそこが違う」

つまり、徳川方は仕方なく集められた兵たちが多いのに対し豊臣方は自らの意思でその境遇を賭けて集まってきた兵が多い。自発的に集まっている方が士気も上がりやすいと、こう読んだわけですね。

「この戦、十分、勝てる!」

幸村の中に流れる戦を欲した父・昌幸の血がここにきて沸々と湧き起こってきたということか。ついに物語の前に出てきた幸村の今後の活躍に大いに期待したいところです。