再放送で改めて見たら、やっぱり見どころ満載な展開だったので触れたいと思います。


小日向さんの秀吉、予想以上に良いですね!!

これまで見てきた秀吉キャラのなかで、なんかストンと腑に落ちる感じ。

人たらし的な面もあれば、景勝を弄んで試すというイケズな面もある。

茶室のシーンは源次郎が狭い中で小っちゃくなってるのが可愛かったけどw、

その奥で景勝の様子を静かに見極めようとしている横顔がゾクっとした


一番怖かったのは、かるたでの一コマ。

茶々とお付とのただならぬ視線の絡みを感じた秀吉の表情が

ホラー級に怖かった

茶々絡みになったときの小日向@秀吉の静かなる恨みの念・・・

表でニコニコしてキャッキャ騒いでるだけに怖さ倍増青ざめ顔

茶々もそれが分かってて誘惑してる的な面もあるからなお怖い。

あの二人、めっちゃクセモノ


小日向さんって柔和な雰囲気から良い人の役をする時期が長かったけど

最近は悪人的な役柄をすることも増えてきたせいか、

こういう秀吉の曲者的な雰囲気の芝居にリアリティがあって良いんですよね。

これからも色んな意味でゾクゾクとさせられそうです。


切ないながらもクスっとしてしまったのが、お兄ちゃん信幸の一コマ。

どうも弟の源次郎ばかり頼りにしてる父親に寂しい気持ちを感じてしまうわけですが、

そんな時に遭遇する人々が変すぎる


作兵衛 

「先ほど戯れにわしの乳を吸わせてみたんじゃが、こいつ、チューチュー吸ってくれて、もう、こそばゆくてこそばゆくて!」

信幸

「あまり吸わせない方がいいと思うがのう」


うん、私もそう思うよ…って、作兵衛、なにやってんだよwww

冷静に返した信幸もツボw


出浦さまの弟子になり色んな術を教えてもらってる佐助。

信幸の寂しい心に気が付く素振りもなく・・・。

それにしても出浦さま、城内で火遁の術実践は危険だろうが

めっちゃシュールな画だったww


そんな誰にも相手にされてない感満載の信幸がおこうさんと庭いじりしてるシーンは

なんだかとても切なくて泣けました涙

昌幸パパも信幸の真面目さが役に立つときをちゃんと考えてるんだけど

なかなかそれが伝わらないのが切ない戦国時代。


あと、新キャラとしてついに、ようやく、

片岡愛之助さんの大谷吉継が登場しました!!

耕史くんの石田三成とのシーン見たら、『新撰組!!』の土方と榎本

ついつい蘇っちゃいましたよ。

何を隠そう、私はあの榎本を見て愛之助さんのファンになった口ですのでいひひ

幕末の榎本もよかったけど、戦国武将の大谷もいい感じですね。

愛之助さん、やっぱり歌舞伎役者だけあって侍姿や雰囲気に違和感がない。

源次郎とは今後も関わってくる人物なので楽しみです。



そして、大好きな上杉主従の今回ですが・・・非常に切ない回でございました涙


源次郎が自分たちより先に秀吉に会ってたことなど知る由もない景勝。

源次郎はあまりにも申し訳なくてそのことが言えず微妙な雰囲気。

自分が秀吉にちゃんと紹介してやるから任せておけと胸を叩く景勝さまに

o0800051213627134607

「あ~、またできもしなさそうなこと言っちゃったよ、この人は」的視線を送る

セコム兼続がツボだったww。もう常に御屋形様にハラハラさせられてる兼続

細かい目線の置き方や振る舞いが好きです、村上さん


ようやく秀吉と面会できたものの、「今後は真田への肩入れをするな」と秀吉に釘を刺され

義を何よりも大切にしていた景勝は思わず狼狽えてしまう。

そんな御屋形様の様子を後ろからずーーっと気にしつつ見守っていた兼続。

すかさず、


「おそれながら殿下、それは徳川と真田が戦になった時、
真田に加勢をするなとの事でございましょうか?」


と秀吉に確認するあたりがホントに有能すぎるというか、御屋形様想いというか・・・

なんか泣けてくるほどの忠誠心

カメラの焦点があってなくてボンヤリ映ってる時もずーーっと景勝の背中見てたからね。

そんで、真田を撃つって意味じゃないんですよね?って確認する当りがもう

ほんと好きです、村上さんの兼続


秀吉の言葉にショックを隠せない景勝は「やっぱり秀吉のもとにはつかない!」

と言いだしたときにも、「致し方ありませぬ。上杉家のため」と必死に説得するセコム兼続。

o0800047513627134864

そう言ってる兼続も無念の表情を浮かべてて泣ける

あまり表情表に出さないけど、確実に源次郎に心許してきてたから辛いよね。

「どんな顔して源次郎に会えばいいんだ」

と狼狽えまくりの景勝、源次郎の顔を見て心ここにあらずなのがおいたわしや涙

だけど、秀吉を

「世に聞こえた関白秀吉も会うてみればただの騒々しい親父であった」

と評したのは思わず笑いましたいひひ

それでも気まずさから二の句が出そうもない御屋形様を見てまたしてもすかさず

「なかなかよい話であった」

とフォロー入れるセコム兼続、さすが!!

「実はそなたを引き合わす件、秀吉に頼むのをものの見事に忘れてしまった」

って言ってる時の村上@兼続のセリフ回しがなんか柔らかくてすごく好きだったえへへ


そして景勝に最後の試練、秀吉とのお茶の席。

景勝の反応を見るためにわざとコマとして源次郎も呼ぶ当りが秀吉のあざとさ。

上杉家が主役だったらあの席には兼続行ってたよな、たぶん。

そしてもう一人の新キャラ、桂文枝さんの利休登場!

こちらもすごく不敵な雰囲気があっていいんじゃないでしょうか!!

あの景勝を追い詰めるかのような空気感が、見ていて辛かったなぁ>エ<

お茶を口にしたとき、景勝は上杉家の為に秀吉に従う覚悟を決めたんですけど・・・

源次郎に語った

「わしにとっては、これまでの生涯で一番苦い茶であった」

という一言がとてつもなく重く切なく響きました


ラストシーンは豊臣家の幸せな光景。

新納くんの秀次も登場。じゃんじゃん舞台系役者さん出てくれるのが嬉しい。

三谷さんならではのキャスティングだよな~

有働アナの「最後に見た幸せな光景」っていうナレが切なかったです。


次回から上杉主従の出番がっくり減りそう・・っていうか無くなりそうなのが残念


しばらくは愛之助さんの吉継を愛でるとしようかな。

でもやっぱ、村上さんの兼続をもっともっと見ていたい