maxresdefault

2016年8月公開
『君の名は。』 
監督・新海誠
声の出演・神木隆之介、上白石萌音

現在大ヒットを飛ばして話題の新海誠監督によるアニメ映画『君の名は。』をついに見に行ってきました。前から気にはなっていながらも今ひとつ決め手を欠いていたんですけど、友達から「これ好みだと思うよ」と太鼓判を押されたのをきっかけに映画館へ足を運びました。
新海アニメの評判は以前公開された『秒速5センチメートル』でチラホラ聞いてはいましたが、実際に見たのは今回が初めてです。なんでも、初めて大衆向けに創った作品との事で。そのマジックに私はものの見事にハマりましたw。素晴らしかったです!

まず最初にネタバレしない感想をいうとするならば…画が嘘みたいに美しいです。これは映画館で見たほうがいい!と思う理由の一つ。キャラクターたちはアニメっぽさがあるのですが、彼らの生きている世界の作画がまるで実写を見ているかのようにリアルでビックリしました。田舎の風景にしろ、都会の風景にしろ…、なんであんな細かくリアルに描けるんだろうかとただただ驚嘆。車や電車の動き、信号の変わり目、風にたなびく草、燃え盛る炎、祭りの提灯…それらもまるでそこだけ実写で切り抜いたのではないかと思うくらいの描写でした。
さらに目を見張るのが、「色」です。新海監督の特徴ともいえるということですが、色の使い方が本当に素晴らしかった。特に夜空を駆け巡る流星の描写は心の内をえぐるような(ドラマとのリンクで)残酷な美しさを放っていて本当に印象深かったですね。あの夜空のシーンはやはり映画館の大きなスクリーンで見てほしいと思います。

さらにストーリーが分かりやすく、かつ誰の心にも響く「人の想い」を中心に描かれていたのがとても良かった!最初は本当に他愛もないライトな展開でリラックスして見れるんですが、その合間にちょこちょこと後半に繋がるヒントがちりばめられている。そしてある時、主人公二人が同じタイミングである行動に出た時…一気にストーリーの雰囲気が変わり見る者をどんどんと惹きこんでいきます。
前半部分で少しずつちりばめた謎な部分が、徐々に「あぁそうだったのか」という想いにたどり着いていくたびに心の内側が熱くなり涙が幾度もこみ上げてきました。登場人物たちの想いが一気に動き出しやがて静かにクライマックスへ向かっていく流れも見事だったと思います。

RADWIMPSによるポップな音楽も不思議とこの映画の雰囲気にマッチしています。ストーリーにテンポがあったのも彼らの音楽あってこそでしょう。「前前前世」がヒットしているそうですが、映画の中にこの曲が流れてくるシーンは非常にアップテンポで音楽とリンクしていました。きっと曲だけ聞いてもこのシーンを容易に思い出せるのではないかと。



だいたい映画館で映画を見ると本編が終わった後エンドロールを待たずにチラホラ席を立つ人がいるのですが、今回はすべてが終わるまで誰ひとり席を立つ人がいませんでした。「君の名は。」はそれほど色んな人の心に何かを残す作品なんじゃないかと思います。


以下、少しネタバレ的な印象に残るシーンについて少し。ネタバレ入ってるんで知りたくない方はスルーを







最初のほうで印象に残ったのは、三葉が理由も分からずに涙をこぼしているシーン。何故自分が涙を流しているのか分からないし、見ている方もそれに関して疑問が残ります。だけど、その涙はなぜかすごく意味のあるように思えて、理由が分からないんだけどこちらも切なくて心がギューッとなる。
夢の中で瀧と入れ替わっていた時に親しくなったバイトの奥寺先輩。彼女とのデートを楽しみにしていた三葉はそれが叶わないと知った朝、涙をこぼしている自分に気づく。それは奥寺先輩に会えなかったからではない、もっと違う深いところに潜んだ切実な想いから来る涙だったということが映画を後半まで見ていくと分かってくるので、すごく印象的なシーンだったなと思いました。

三葉と入れ替わりが無くなったとたんに自分の片割れを失ったかのような喪失感から彼女を必死に探そうとする瀧の姿も切ないです。入れ替わっていた時は憎まれ口も叩いていたのに、いざそれが何らかの理由でぱったり無くなった時に彼は無意識に何かを失ったと思ったんだと思います。
そして、彼女を探しに出かけた旅先で彼は衝撃の事実を知る。パラレルだったのは入れ替わりだけではなく時間軸も歪んでいたことが分かるわけで…この展開はけっこうショックでした。その事実を知った時、瀧の中で三葉の存在が大きく輪郭を現してくる…この持っていきかたも上手いなぁと思いました。

一番感動したのは、二人が時空を超えて「たそがれ時」に初めて出会うシーン。お互いの中でお互いの存在が大きくなり、「絶対に忘れてはいけない人」とはっきり認識する。出会ってそのことを強く確認するわけですが、「たそがれ時」が過ぎ去った時、誰よりも大切で絶対に忘れたくない人の記憶が無残に彼らの意思に反して消されていく。逢瀬が終わる寸前に瀧が三葉の掌に残した言葉が「名前」ではなく「想い」だったことに涙が止まりませんでした。

もう一つ忘れられないシーンが、瀧が三葉と面識がない中で出会っていたことを思い出す場面ですね。彼はそれを思い出した時、彼女がどんな気持ちで自分に会いに来たのかということを初めて悟る。
「瀧君、覚えて…ない?」
全く知らない子からそう言われて最初はいぶかしげに思っていた彼が別れ際に何かを察したかのように名前を尋ねようとする。でもその声は届かない。ある手がかりだけが彼の手に残る。
この展開が後からわかるわけで、三葉が髪の毛を切った本当の理由に涙するのは2度目に見たときかもしれません。

三葉の父親は厳格で彼女と真っ直ぐ向き合うことをまるで避けているかのような人物。でも父にはそれなりの過去があるわけで。だけど、最後の最後に何故三葉を信じたのか…その部分が少し分からなかった部分がありました。

が、アナザーサイドを描いた小説を読んでみて腑に落ちました。より深くこの映画について知りたいときこれを読むのもいいかもしれません。

結局最後の最後まで二人は名前を思い出せない。それまでの記憶も残っていない。それでも「誰か」を求めていることだけは漠然と心の中に引っかかり続けている。人の本気の「想い」は何物にも消されることがないんだなって分かるラストシーンも思わず涙が零れました。その先の展開も知りたい気持ちはあるけど、この映画はあそこで終わって良かったんだと思います。

声優は役者さんが多く配役されていましたが、神木くん萌音ちゃんもすごく自然にキャラクターの声と馴染んでいてとてもよかったです。
長澤まさみさんの奥寺先輩は特によかったかも。「真田丸」で個人的に彼女の株を落としていたのでw、ここで挽回できてよかったww。言われなければ分からないほどキャラと馴染んでました。それから、おばあちゃん役の市原悦子さんはさすがの貫禄ですね。言葉の一つ一つの説得力がすごい。まさに言霊でした。



世間的に騒がれてメジャーな作品となりましたが、人の想いはいつだって温かいって思える素敵な作品なので迷っている人がいたらぜひ映画館で見てほしいと思います。



美しい画を堪能するのにこの本が欲しくなりました…。