2018年3月17日に公開になった映画『ちはやふる -結び-』を見に行ってきました。

title

末次由紀さんの人気漫画でまだ連載が続いている作品ですが、私は原作未見で・・・アニメだけしか見たことがありません。

TVアニメ『ちはやふる』 Blu-ray BOX【期間限定版】
バップ (2016-04-20)
売り上げランキング: 3,825

このアニメが個人的にすごく好きで(もちろん第2シリーズも見ました!)、そこから映画に入っていった派w。「上の句」と「下の句」は映画館まで見に行きました。

「上の句」では主人公の千早が瑞沢高校かるた部を発足させて仲間との絆を深めていくまでが丁寧に描かれ、「下の句」では幼馴染で離ればなれになってしまった綿谷新との絆を追いつつ個人戦での千早の葛藤と成長が描かれていました。

以下、ちょっとネタバレに触れてます


今回の「結び」は三部作の完結版。原作はまだ続いていることもあり噂に聞くところによるといくつか設定に違和感がある人も多いようですが、私個人的にはほぼ「映画」でのみこの作品を見ているのでそういうモヤっと感はありませんでした。
原作への思い入れが強い人にとっては違和感覚えるのも分かるのですが、そこから離れた”青春映画”として見ると、なかなかに素敵でキラキラした作品だったなと思いました。

ちょっと「あれ?」と思った点としては・・・「下の句」から「結び」までの間の時間が感じられずに突然始まった感覚になったことかな。冒頭がクイーン戦の真っただ中場面なんですが、戦っているのは若宮詩暢とこの作品から登場の我妻伊織で・・・千早は既に伊織に敗戦しているという状況。いつの間にそんなことに!?とちょっとした戸惑いはありましたw。
これ、後から知ったんですが、その空白部分はネットドラマで配信されていたそうですね。


私はネット配信ドラマは見ない派なのでノーチェックだったのですが(汗)、これを見た上で行ったら「結び」をさらに楽しめたのではないかなと思いました。映画だと時間が限られているので、こういう形でエピソードを補完するっていうのもありかもしれないですね。できれば後日テレビ放送するときに事前に流してほしいな

それから、今回は太一の苦悩に焦点が当たっていた印象が強いので、新側のエピソードが薄くなってしまっていたのがちょっと残念でした。というのも、私個人的には・・・太一より新のほうが感情移入してたので。
もちろん太一のストーリーもすごく繊細で印象深いんです。彼が「かるたを続ける意味」について葛藤する場面とかは「あ~、その気持ちは苦しいよね」って思えたし。秀才キャラなのに実は心の中では抑えきれない感情と常に対峙していて・・・線路脇で千早に告げた場面は切なくて印象的でした。

が、個人的にはやっぱり新のドラマの方をもっとしっかり見たかったなぁというのがあって。冒頭で突然千早にあんなことを言った割には、実はそんなに引きずってるわけでもなさそうで(苦笑)。下の句であんなに葛藤してそしてここまでたどり着いた繊細な子なのに、全体的になんだかちょっと扱いが雑じゃないかなぁ…という想いは拭えませんでした
地元の高校でチームを作って絆を深めていく描写はあったんですが、弱い。伊織との二人の絶妙な言葉の投げ合いは面白かったんですけどねw。あと、福井弁がすごく和む。朝ドラ『ちりとてちん』が大好きだった私は、こうして福井弁が出てくるとなんか嬉しくなっちゃうんですよねぇ

まぁ、千早と一緒にいる時間が長い太一のほうにスポットを当てるっていう思惑は分かるんですけどね。共感できる部分もたくさんあるし。でも個人的にはキャラ的に新のほうが好きなので、もう少し繊細に描いてほしかったなっていうのはありました。

それ以外では、映画の内容は本当に素晴らしかったと思います

瑞沢高校かるた部に新たに加わった新入部員も個性的。
経験者ゆえにプライドが高くて先輩に噛みつきがちな筑波くん、太一に一目惚れしただけで入部を決めた菫さん。どちらもありがちなトラブルメーカー的キャラなんですけど(特に菫は最初見ていて手に汗握るような困ったキャラだったww)、そんな彼らを先輩となった千早たちが温かく辛抱強く迎え入れようとしていたのがよかった。特に奏ちゃんはグッジョブ今回もめっちゃ良い子!!
肉まんくんや机くんは「上の句」「下の句」で活躍が多かったのですが、「結び」ではちょっと控えめだったのは少し残念だったけど、新キャラが入ったから仕方なかったかな。私は特に机くんのキャラに「上の句」で猛烈に感情移入して号泣したので、もう少し活躍してほしかったっていう想いはあるんですが

あと面白いキャラだったのが賀来くんが演じた周防。めちゃめちゃ近づきがたいオーラを発しているんだけど、彼にもある秘密があって・・・。そんなミステリアスな雰囲気満載なのに、映画後半に行くにしたがってそのイメージが崩れていくのが面白かった(笑)。ここは映画の見どころの一つかも。

それから外せないのは、クライマックスに出てくる「スノー丸」ww!!大津市のご当地キャラであるおおつ光ルくんは今作品でも大活躍。二人の共演シーンはゆるキャラ好きな私としてはテンション上がりました(笑)。


かるたの試合は予定調和的なものもあったけど、手に汗握る映像でドキドキしました。あの迫力ある札を取りに行くシーンは映画ならではの描写だなと。
そしてやっぱり瑞沢かるた部のみんなの絆が・・・泣けたなんだろう、ものすごく感動するんですよね、彼ら見てると。前2作もそうだったけど、あのチームワーク見てるとすごくこみあげてくるものを感じるんです。最後もやっぱり泣いてしまった



全体的にはとても素敵な青春映画でした。とうに青春を過ぎてしまった世代の私wでも感動する場面がたくさんあったので、ぜひ多くの人に見てもらいたい作品だと思いました。