これまで別ブログで『真田丸』の感想を書いてきましたが、今回からこちらで書いていきます。

といいつつ、向こうでも最近はほとんど丸の感想を書いていなかったのですが(汗)、第30回は色々と転機を迎えた内容の濃いドラマだったので記しておきたいと思います。 
ちなみに、「真田丸」という作品については、正直、面白く分かりやすい魅力的なドラマとして見ているのですが・・・ストーリーの運び方といった点では個人的に気持ちが乗れない部分もあったりします。三谷さん特有のコメディ的要素が入るタイミングみたいなものが納得できなかったり・・・ね(第29回の内容は正直あまり好きではなかった)ちょいちょいそういう回があったりします。そういう意味では、個人的にロスに陥るほど好きだった『平清盛』と『龍馬伝』は越えないかなと。あと『新選組!』も好きでしたがあれは隊の中での青春群像劇 的要素が強かったのでコメディ的な部分も違和感なく見れた気がします。

ただ、登場人物を丁寧に掘り下げて見せていく内容としては『真田丸』はとても良いドラマだと思います。それぞれの登場人物に三谷さん自身の愛情が注がれているのがよく分かる。それ故に、たとえ出番が少なくてもそれぞれの人物に熱狂的なファンがつくんじゃないのかなと。
かくいう私も、直江兼続にすっかりハマった口ですし(←直江を超えて熱い村上新悟ファンにもなってる 笑)

御託はこのあたりにして、第30回感想です。好きな回とそうでもない回がありますが、第30回は個人的に間違いなく名作の1つに入ります。


予期せぬ大地震により伏見城の築城に変更点が生じることに。見取り図を見て戦う城を造ることができると突然やる気に燃えていた昌幸パパは「秀吉が住むための城にしたいからその必要が無くなった」という三成の言葉に愕然。挙句の果てに建築要員から外され堀の普請に回されてしまったために再び心が折れてしまう。戦をすることで自分を輝かせてきた昌幸にとって、この時代ほど生きにくいことはなかっただろうなと心中察するものがありますね

そんな時、サン・フェリペ号が漂着したという知らせが入る。遭難した船には高額の積み荷があるということで、地震の補てんにその積み荷を没収しようと考えた秀吉。源次郎は勝手に罪のない者の積み荷を奪ってはいけないという触れを4年前に出していると制しようとしましたが、「罪があればいいのだな」と秀吉は不気味に言い放つ。その「罪」の対象とされてしまうのがキリシタンたちでした。
この事件の前にバテレン追放令が出ていたことを利用し、まだ残されているキリシタンたちを捕えて残忍な形で磔にすると言い放った秀吉。ドラマではいまひとつサン・フェリペ号事件と日本26聖人殉教の関係性が繋がらなかったのでネットで調べてみました。

サン・フェリペ号事件
複数の台風に見舞われ、サン・フェリペ号が土佐に漂着。長宗我部元親の命で強引に浦戸湾に行かされたこともあり完全に座礁してしまい多くの積み荷を失うことに。船員たちは身の保全と船の修繕を許可してもらうために秀吉に面談を求めるも拒絶され、逆にやってきた秀吉の使者から残った積み荷を全て没収すると告げられる。
さらに積み荷のみならず、自分たちの持っていた金品まですべて召し上げられてしまったことで船員たちは激怒。スペインは宣教師を通じて布教するとともに国を支配することを目論んでいる、という旨の発言が秀吉の耳に入ったことで再びキリシタンを弾圧するに至った・・・というのが通説らしいですが、実際にこの趣旨の発言があったという資料はないそう。どちらにしても秀吉はキリシタンたちを脅威に思っていたということではないかと。

日本26聖人殉教
もともとこれ以前にポルトガル人による日本人売買があるということで秀吉はバテレン追放令を出していましたが、南蛮貿易を重視していたので殆ど黙認状態で布教を禁止するには至っていませんでした。が、サンフェリペ号事件がきっかけで再び禁教令が出され、この時は厳しく取り締まられた。
捕えられたのはフランシスコ会から21名、イエズス会から3名。この時三成はイエズス会信者は除外しようと努力したものの許されなかったそう。さらに秀吉は捕えた人の耳と鼻を削ぐよう通達していましたが、三成は耳たぶを切り落とすまでになんとか止めたという。ドラマに出てきたフランシスコ吉さんは引き回し道中でのフランシスコ会信者の世話をしていたそうですが、結局は囚われの身となり磔にされてしまったと…。同じようにイエズス会の世話をしていたペドロ助四郎も磔に…。二人とも殉教することに迷いはなかったそうです。

晩年の秀吉は身の回りに過剰な脅威を抱き、残忍な行いをしました。秀吉の前では冷静に命令に従うように見えていた三成でしたが、実はこの事態を何とかしようと努力して駆け回っていたわけです。結局流れに逆らえず、意味もなく犠牲に遭う人々を目の当たりにしてきた三成の心情を思うと切なくてたまりませんね…。
事の顛末を義理の父である吉継に話す源次郎。感傷的になる源次郎に対し
「殿下はいささか長く生きすぎたのかもしれん」
と鋭い一言を発する吉継お義父さん・・・結局のところこの人が一番冷静で怖い一面を持っている気がします。頼れる兄さん的存在から世の中を冷静に見つめブラックな一面も出てきた愛之助さんの吉継。安心感だけではない何かを感じさせる芝居はさすがだなぁと思います。

以下、追記へ。


 
続きを読む