レポート&インプレッション

イベント報告、好きな役者さんやドラマの個人的感想を語るブログです



スポンサーリンク



『海月姫』第一話

久しぶりの更新になります。

昨年まで大河ドラマの感想をこちらに上げていましたが、今年から別のブログで展開することにしました。「西郷どん」も楽しく見ているのでなるべく感想書いていく予定です。もし興味がありましたら以下のブログへお越しください。



で、そのほかの面白そうなドラマについては引き続きこちらで書いていく予定です。今のところ民放で1月期で視聴予定なのが「海月姫」「GB」です。

まず、1月15日スタートのフジテレビ月9の『海月姫』



なんだかんだで私はけっこう恋愛ドラマが好きだという事と、ツイッターで見た瀬戸くんのあまりにも可愛すぎる女装姿に驚愕して見てみようという事になりました

マンガが原作で、能年玲奈さん(現・のんさん)主演で映画化もしていましたが・・・どちらも未見なのでまっさらな状態での視聴。噂によるとどうやら原作と兄弟の設定が逆転してるらしいとか。見た目だと瀬戸くんの方が弟みがあるなぁと漠然と思っただけに、そこはちょっと「なるほど」って思いました。まぁ、工藤くんより瀬戸くんの方が年齢上だしねw。
原作知ってる人にとっては違和感あるようですが、私は何も知らない状態で見たので特にそういったものは感じずに済みました。人気漫画原作だと『イメージと違う』とか『設定が違ってる』とかいう問題、どうしても出てきちゃいますからね知らぬが仏ってやつです。

さて、第1話を見たわけですが・・・全体的にテンション高めのラブコメですね。特に月海の同居人オタクたち(尼~ず)の個性がすごい!!

flv_003132073
三国志オタクのまやや・・・これ、原作のイラストが目に浮かぶほどすごいキャラwww。目はどうした!???みたいな内田理央さんだって、言われなければ分からなかったよ(笑)。さらに誰だか分らなかったのが鉄道オタクのばんばさんww。アフロがでかすぎて目が全く分かりません。全然誰が演じてるのか見当つかなくて・・・元AKB(SKE)の松井玲奈さんだと知った時にはビックリ仰天しましたwww(あ、でも、実際の松井さんも鉄道オタクでしたっけねたき火しててアフロが燃えたやつはもう、思わず吹き出しちゃったよwwww。もしかして、この人たちずっとあのままなんでしょうか!?そのあたりも気になります(笑)。

芳根京子ちゃんは、朝ドラ『べっぴんさん』のときみたいなウジウジした女の子よりも、こういったテンション高い挙動不審系キャラのほうがハマってる気がしました。もっさり感がなんだか不思議と可愛くて親近感湧く…みたいな。
演じてる月海は男子禁制の寮(?)に住んでるため男性に対する免疫が全くない。気を許せるのは尼~ずのみんなと、大好きなクラゲだけ。イラストレーターを夢見ているけど引きこもりがちな女の子。そんな彼女が、女装男子の蔵之介と出会って翻弄されて感情がかき乱されていく。

この、蔵之介という男っぽい名前の彼が瀬戸康史くんが演じる女装男子。
flv_000346633
もともと童顔で可愛い顔つきしてた瀬戸君だけに、女装姿が見事にハマってます。声だけは男の子なので、なんで尼~ずの皆さんが誰も「男性」だと疑っていないのかが謎ではありましたが、やっぱり綺麗で可愛いよ!!
めちゃめちゃ社交的で、いろんなところにツテがありそうな蔵之介。そんな彼がなぜだか月海の世話を焼いていくわけで。何かしらのシンパシーは感じているっぽかったなと。あと親に関して何やら秘密がありそうです(だいたい見当ついたけど)

蔵之介の弟が超まじめ人間で国会議員やってる父親の秘書をやってる工藤阿須加くん、メガネ姿がけっこうハマってます!女性に免疫がないらしく設定が「童貞エリート」。これはたしかに弟というより兄キャラの方がよかった気もしなくはないけど、今後の工藤くんに期待していきたいです。
flv_002696772
そんな修が、蔵之介の鉄壁メイクで超美人顔に変身してしまった月海と偶然すれ違った時に一目ぼれしてしまうw。まさに衝撃過ぎる一瞬ではありましたが、彼女の何がそこまで彼のアンテナに引っかかったんでしょうね(笑)。

でも、修は月海の本来の姿を知らない。彼女の住むアパートに行ったとき、本人だと気が付かず暴言を口にしてしまい、月海が傷ついてしまう場面はちょっとショッキングでした…。
だけど、蔵之介の計らいでまたまた美人に変身することになった月海と水族館デート(3人でw)しにいくことになって・・・クラゲを見て亡くなった母親を思い出して涙する彼女を思わず後ろから抱きしめてしまう大胆な一面も。女性に免疫がないのにバックハグするとは、おぬしやるなww。でも、抱きしめる前に挙動不審のようにオタオタしてた修君の姿は可愛かった(笑)。

複雑なのは、蔵之介が月海にドキドキさせられてしまったこと
flv_003848933
月海は蔵之介の後ろのクラゲを見たかっただけなんだけど、「どいてもらえますか」と言われるときにものすごい至近距離まで近づかれちゃって(月海は超目が悪いらしい)、予想外に彼女に心かき乱されてしまう。
トイレで自分を落ち着かせようと自問自答する蔵之介の姿にちょっと萌えちゃったよww。なんか「眠れぬ森の熟女」の時の瀬戸くん思い出してしまった。あのドラマ大好きだったので。

そんな蔵之介が、修が月海をバックハグしてる姿を目撃しちゃってさらに混乱。こういうの、けっこう好きなパターンなんですよねぇ(笑)。

あ、キャラという点では我がうどん県副知事の要潤さん演じる花森さんも期待してます!やたら「レク○ス」を強調してたの笑ったww。それから蔵之介たちの父・慶一郎もなにかありそう。北大路さん「私の肉~~!!」ってダダこねるの可愛かった

ってことで、第2回も楽しみにしたいと思います

応援ポチお願いします。

ドラマランキング

2018年御挨拶

遅くなりましたが、2018年、無事に明けました。
chiwawa-white-01
2017年は多くの皆様にブログを読んでいただくことができました。…本当にありがとうございました。

昨年はほぼ大河ドラマだけのレポだけで終わってしまった気がするので(汗)、今年はもう少し違う記事も書いていければいいなと思ってます。たぶん、きっと・・・

もうすぐ新しい大河ドラマ『西郷どん』が始まりますね。その前に正月時代劇『風雲児たち』についても触れたいし、その前に行われた中津でのトークショーについても少し報告したいと思っています。

なるべく早くに書きあげようと思っていますので、また気が向いたときに遊びに来ていただければ幸いです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2017年最後のごあいさつ

2017年最後の記事になります。

最初はもっといろいろなドラマの感想を書いていこうと思っていたのですが、結果的にほぼ大河ドラマオンリーみたいな感じになってしまいました(汗)。録画もけっこう溜まっているんですが、なかなか年内に消化できそうもなく
ちなみに、朝ドラ『わろてんか』は一応見てはいるのですが、一度完全に気持ちが切れてしまったのでなかなか感想書くまでのテンションに上げられていませんw。面白いなぁと思えたら再開するかも?
大河ドラマ『西郷どん』は楽しみにしています。

映画は思っていたほど見ることができず、感想も寂しいものになってしまったのが心残り。堺雅人さんの映画も行きたいのですが…なんとか来年上映されていたら…!!

レポートものとしては、大沢たかおさんのファンミでしたね。こちらの記事は非常に多くの方に読んでいただけたようで、本当に感謝しています。ありがとうございました。もしも来年も大沢さんのファンミに参加できることがあれば、またこちらで報告したいなと思います。

来年もこのような感じでマイペースに更新していくと思いますが、またよろしければお付き合いください。

2017年、大変お世話になりありがとうございました。皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

スポンサーリンク


プロフィール

えりこ

スポンサーリンク
◆SCRIPT $(function(){ $('img').on('contextmenu',function(e){ return false; }); });