レポート&インプレッション

ドラマや舞台のイベント報告や、好きな役者さんやドラマの個人的感想を語るブログです



スポンサードリンク



べっぴんさんスペシャルドラマ『恋する百貨店』

16年10月から17年3月まで放送されていたNHK大阪(BK)制作の『べっぴんさん』。ここ最近の傾向として東京(AK)よりも大阪(BK)のほうが面白い作品だと感じることが多かったので、始まる前はけっこう期待してた朝ドラでした。が…こうも見事に期待を裏切られるドラマになろうとは思いませんでした
内輪で仲良しごっこしてるシーンをつなぎ合わせてあとは資料映像で埋めた・・・みたいな話のオンパレードで肝心の「ドラマ」があまりにも雑だったってことくらいしか思い出せない(後半は特に…)
松下優也くん演じる栄輔が出ていた(ミュージカル見て以来ファンだったので)為、とりあえず最後まで見ましたが…作品的にかなり苦痛でした

他にはほとんど感情移入するキャラが出てこなかったんですが…実は、夙川アトムさんが演じた大急百貨店の嫌味キャラ・小山小太郎はチラチラと気になっていました。物言いは嫌味っぽいんだけどキアリスの面々に感情移入できなかった分あまり見ていて腹が立たなかった(笑)。そしたら、その小山さんがキアリスの美人販売員の悦子さんのフィアンセになっててびっくり仰天www。そこからの彼は人物が丸くなり「すべて含めて悦子ですから」となんだかすごい男前発言も飛び出したりして、ちょっとキュンときてしまったんですよね
いったい、この二人には何が起こったのだろうか?と、栄輔と明美のカップルと同じくらいそのドラマが気になっていました(笑)。

そしたら、なんと、スピンオフのスペシャルドラマで小山さんと悦子さんの馴れ初めをやるというではないですか!

キアリスの面々よりもよほどドラマがありそうだと期待大(笑)。さらに、脚本が本編とは違う人だったので、これまでとは違うテイストになっているはず…と楽しみにしていました。 

結果・・・期待以上でした!!!いやぁ~もう、期待してた上の上いくほど私好みのストーリーに仕上げてくださってて・・・これを本編にしてもらいたい(笑)。キュンキュンどころじゃなくて、ギュンギュンしまくりでwwww、録画を何度見返しているか分からないくらい好きです、このドラマ
あの停滞しまくって何を語りたいのか全く見えなかった本編が嘘のように、それぞれの人物がしっかり描かれていて気持ちの移り変わりや想いといった大切な部分も1時間の枠の中にちゃんと込められていたように思います。この二人のエピソードを坂口さんの脚本であと2回くらい書いてほしいくらいですよ。『べっぴんさん』本編に絶望してこのスピンオフを見なかった人がいたとしたら、非常にもったいない…。しかもこれBSのみの放送なんですよねぇ。ぜひ地上波で多くの人に見てほしい作品です。

ということで、少し振り返ってみたいと思います。 
(ネタバレ満載なのでご注意を)



【映画】3月のライオン 後編

今月初めに見た前編に続き『3月のライオン』後編もさっそく見に行ってきました。今回は公開初日での観賞です。
いまだにアニメも見れていないし原作も読んでいないので、私の中ではこの映画だけが『3月のライオン』の全てってことになります。人気のある原作はどうしても比べてしまうところがあるから、ある意味知らないで行ったということが正解だったかもしれません。

320

前編の感想はこちらです。


前編では主に神木隆之介くん演じる主人公・とライバルたちや家族との「闘い」に焦点を当てていた印象がありましたが、後編は零が一人の人間として精神的に成長していく過程に焦点を絞って描かれていたように思います。天涯孤独と思い込んでいる彼がいかにして「愛」に気づき向き合っていくのかのドラマが丁寧に描かれていて、何度も心を揺さぶられ涙しました
それから、「父と子」の関係にスポットライトが当てられていたのも良かったです。それぞれに深いドラマがありました。零と幸田の関係は前編ではあまり触れられていなかったように思ったのですが、後編では二人の関係に一定の決着をつけた形になっていて見ていてホッとしたしなかなかに感動的でした。
あと、前編で親子関係に疲れてすっかり擦れた女になってしまった有村架純さん演じる香子がクライマックスでようやく「気づく」シーンがあったのもよかったです。幸田さんの静かなメッセージが胸に沁みました…。できればもっと早くに言ってほしかった言葉だよなって思ったけど、そううまくいかないのが親子なんだろうなって。

以降、ネタバレに触れた感想になります。





【映画】3月のライオン 前編

映画『3月のライオン』を観に行ってきました。私は羽海野チカさんの原作漫画も読んでいませんし、アニメも録画したまままだ一度も見ていないのですが、映画化が決まったと聞いた時からなぜかとても興味をそそられて行きたいと思っていたんですよね。公開から少し遅れての観賞となりましたが、後編の上映が始まる前に見れてよかったです

BYzgsQsLKGrFTHqoLc5S7JjTLiyWo3udOAXoGjHAJvhBUVoeBZqVHwrwYbCqSs72

この作品は将棋の天才少年を軸に描いているのですが、ウェイトとしては「将棋」よりも「人間」に焦点を当てている印象がとても強かったです。私は全く将棋については疎くてさっぱりわからないんですけど、ものすごい入り込んで見てしまいました。なので、「将棋分からない」で敬遠している人も安心して見に行ってほしいなって思います。
監督はNHKの大河ドラマ『龍馬伝』などを手掛けた大友啓史さん。大友さんが映画監督になってからの作品は「るろうに剣心」を見たくらいだったかな。重厚感とスピード感ある映像やストーリー運びがなかなか刺激的で面白かった。その後もけっこう攻めた作品が多いなという印象があったのですが(私は観に行ってないけど)、この『3月の~』はじっくりと人間の内面に焦点を当てて描いていてこれまでのイメージとはちょっと違うなという感覚がありました。

主人公は「るろ剣」で瀬田宗次郎を好演した神木隆之介くん。子役時代からずっと見てきましたが、彼は本当にいい役者に成長しましたよね。 家族を失い孤独で外見も暗いイメージの桐山零というキャラクターをイケメンに成長した神木くんが演じるっていうところがまずチャレンジだったと思うのですが、見事にハマっていたのが本当にすごいと思いました。イケメンオーラを見事に消して零という繊細な青年の内面を演じていて、モサいんだけどなんだか惹き付けるオーラを感じさせる雰囲気に目が離せませんでした。 

あと、これまで「いい子」的な女の子を演じることが多かった有村架純さん悪女的な役を演じていたのがすごく意外でビックリしました。予告を見たときから「あれ?」ってインパクトがあったんですけど、映画で見たらゾクっとするような冷たさと色気があって・・・こんな芝居できるんだとなんか印象が変わった。素朴な芝居を見ることが多くて、正直今まではあまり巧い女優だと思ったことはないんだけど、香子という激しい感情を顕にするような女性を演じている彼女を見て初めて「いい!」って思いました。 
それと、この映画の核となる島田を演じた佐々木蔵之助さんがまた最高でした!!蔵さんのファンはこの映画を見に行った方がいいと思いますよ。穏やかさと厳しさと懐の深さと・・・とにかく魅力満載です 。

他にも、ビックリする容姿で登場の二階堂役の染谷くんや、ギラギラした牙を持ちつつもふと影を感じる後藤役の伊藤さん、チャラいようで温かみのある林田先生を演じる高橋一生くんなど・・・粒ぞろいの役者さんによる名演が素晴らしい!どの登場人物のドラマもガッツリ向き合って見れるすごい映画だと思います。
上映時間は約2時間20分と少し長めですが、見応えのある人間ドラマで全く飽きがきませんでした。

以下、少し内容に触れたネタバレな部分の感想を少し。

 
livedoor プロフィール
ブログランキング
スポンサーリンク
◆SCRIPT $(function(){ $('img').on('contextmenu',function(e){ return false; }); });