レポート&インプレッション

ドラマや舞台のイベント報告や、好きな役者さんやドラマの個人的感想を語るブログです



スポンサードリンク



『おんな城主直虎』第32回 復活の火

今回の元ネタは「復活の日」ですね。小説が原作ですが映画化もされています。

復活の日 ブルーレイ [Blu-ray]
復活の日  ブルーレイ [Blu-ray]
角川書店 2012-09-28
売り上げランキング : 12035


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
主演は昨年の大河ドラマ『真田丸』で大ブレイクした草刈正雄さんです。
それにしても、うまい具合にタイトル絡めましたなw。

mp4_000307987

いよいよ戦が近づいてきたということで、直虎はあらかじめ家康に手紙で井伊の内情を知らせることにします。徳川では家康と瀬名が「井伊が取り潰されたのは家臣の小野が絡んでいるらしい」と息巻いているところだったので、無事にその手紙が届いてよかったよ(苦笑)。家康は直虎の策士っぷりを察して「ぜひ会ってみたい」とかなり好感触だった様子。この時点では瀬名とも良い関係を保っているようでちょっと安堵しました。
とりあえず一応は徳川も井伊の内情は理解できたようなので「復活」への第一歩は順調に前に進みましたね。

ちなみに、この日、徳川家に新たな登場人物が初登場しました。
mp4_000414010
昨年の『真田丸』では藤岡弘、さんが演じていた本多忠勝。今回は髙嶋政宏さんが演じます。豪快さがすでに滲み出ていたので(笑)今後の活躍が楽しみ。そして石川数正は今回もやっぱりイケメンでした。もっと活躍してほしいな~w。

その頃、武田には思いもよらない人物が訪れていました。武田に寝返ったその人とは…
mp4_000838548
氏真の側近だった関口じゃないか~~~!!直虎たちが首を上げる計画たててたけど…武田側に付いてしまったらそれも叶わないじゃないか。きっと関口は氏真の最近のカリカリっぷりに「もうあかん」と見切りつけたのかもしれんなぁ。これだから戦国時代は恐ろしい。
そんな裏切りが起こっているとは思いもしない氏真は戦が近づいたことでさらに余裕をなくし、「本当に援護に駆けつけてくれるのか!?」と神経質になっている様子。一番の頼みは北条のようですが、未だに確実なものは見えてこないし・・・上杉に至ってはホントに来るのか?と誰もが疑いたくなるような状況らしいし(苦笑)。一番確実性があるのが政次がいる井伊谷なんだけど…裏切ってる手前もあってか関口様の額からは報告するときの脂汗がハンパない
関口の周辺の異変は政次にも伝えられます。主だった関口の関係者が皆駿府へ戻ってしまったらしいと知らせを受け、政次も今川内部にガタがきてるなと察した様子でした。残された手下は捨石とされちゃった人たちなのね

その夜、政次は直虎のいる龍潭寺をひっそり訪れます。主だった関口の家臣もいなくなったことで動きやすくなったみたいですね。直虎も今回の井伊家復活のシナリオについて政次と一度も実際に話せていなかったことを気にしていたのでグッドタイミングでした
mp4_000988316
久し振りに政次と対面して碁を挟み対話をする直虎。関口が武田に寝返ったことや虎松の首が偽物だったことについての小野の反応などを事務的に話す政次。その語り口に違和感を覚えた直虎に「言葉ではないか?」と返す政次。そういえば、これまでは敬語調で直虎と会話してたからね。ちょっとムクれる直虎に「束の間の殿様気分を味わいたくてな」と笑う政次が可愛かった。それを受けて直虎も政次に対して「殿」と言って徳川の書状を渡してみたりする(笑)。今後の段取りについてお互いに確認し合いますが、これまでにない言葉のやり取りに「慣れぬものじゃな」と結局笑ってしまう二人。なんだかものすごく可愛くて良い関係だなって思ってしまった。
冗談のつもりで政次は「殿様気分を味わいたい」と話したわけですが、直虎はこのまま政次に井伊谷の主となってもいいとふと思ってしまいます。以前の直虎は意地でも政次に城主の座を奪われまいと頑張ってきましたが、分かり合える関係になった今、政次に井伊を託したほうがいいのかもしれないという想いが芽生えてしまったようです。しかしその申し出を聞いた政次は静かに答えます。

mp4_001258258
「商人に城主にと望まれたり、家が取り潰されるのに百姓が体を張って止めようとしたり、盗賊が尼小僧と慕って来たり…そんな芸当私には到底できません。降りる道などもはや許されません、殿には」

まるで兄が妹を諭すような・・・優しくて温かい直虎への励ましの言葉に思わずウルっとしてしまいました。これまで通り自信を持って井伊家の当主として頑張ってほしい、という政次の大きな愛が心に沁みました。直虎も政次の愛情あふれる言葉に胸がいっぱいになり涙が止まりませんでした。碁を打つ番になっても涙で見えないと泣き続ける直虎を見た政次は月明かりの下まで碁盤と碁石を運びます。こういう優しさもホント気が利いてて素敵なんだよなぁ、一生くんが演じる政次

mp4_001372266
直虎「もうじき、陽のあたる場所で打てるようになるの」
政次「はい」

この二人の短い会話がものすごく泣けた。井伊家が復活した時、二人の関係はより強固なものになるだろうなっていう確信めいたものを感じたのですが・・・それと同時に、これが二人で静かに語り合う最後の時になってしまうのではないかという危惧も感じてしまって。明るい未来を夢見る二人の姿がとても儚く写り切なくなってしまいました…。

龍潭寺から戻った政次は「徳川が来れば私の役目も終わりますね」と語るなつに初めて自分の素直な気持ちを話します。

『おんな城主直虎』第31回 虎松の首

死の帳面事件から2週、感想をお休みしている間に井伊の状況が刻一刻と悪化してしまいました。あ、感想お休みしただけで直虎はしっかり見ておりますw。
今回のサブタイトル「虎松の首」の元ネタは…何だか色々とありそうなタイトルが多いので特定は難しいですね。ストーリーとかなり合致したものだったので、詮索しないで「そのまま」ってことにしておこうかと思います。ちなみに29回の「女たちの挽歌」は「男たちの挽歌」、30回の「潰されざる者」は「許されざる者」でした。これらはかなり分かりやすかったんだけどね

mp4_000229420

寿桂尼が遺した『死の帳面』計画は井伊に徳政令を受け入れさせて取り潰したのちに今川の支配下に取り込むというものでした。とりあえず直虎を呼び出して抹殺っていう最悪のシナリオは書いてなかったみたいだからよかったけど、この当時のお家取り潰しはそれに匹敵するくらいの大事件ですよね。
直虎が城主になってからすぐに問題となったのが村人たちの徳政令を受け入れるかということでした。そこから和解するまで色々あって…今ではすっかり厚い信頼関係で結ばれているわけで、いまさら徳政令を直虎に付きつけることなど彼らにはできない。それ故の、関口が宿泊する宿前での「徳政令は望まんに!!」大合唱。井伊を、直虎を守るための彼らの必死の行動は胸を打つものがありました。が、結果的にそれが最悪の方向にいってしまうとは切ないですね。この騒動を最初に嗅ぎ付けた政次は彼らの行動の意味を分かっていながらも、それが直虎にとって良い結果をもたらさないことを知っていた。

mp4_000056636
「俺を信じろ、おとわ」

たとえ周りからどう思われようとも、直虎を守るためなら鬼になる政次。だけど、その行動の真意だけは分かってほしかった故のあの「おとわ」呼びはグっとくるものがありました。あの瞬間混乱しながらも直虎はそれを感じとって、泣き崩れる村人たちの前で徳政令を受け入れることを承諾したんじゃないかと思います。そんな二人の繋がりが泣けます…。
徳政令に署名がなされたことで関口も気分がいい。そこにすかさず忠誠心を示して懐に入り込もうとグイグイいく政次。その表情には今まで以上の覚悟が感じられました。

徳政令を受け入れて取り潰しが確実になった井伊谷の人々は追い立てられるように屋敷を後にする。その場に踏み込んできたのが、今川への忠誠心を確かなものだと植え付けようとする政次だというのがなんとも…。自分の本心を誰にも悟られないよう手荒に追い立てる姿が痛々しくてねぇ。直虎はあの時の「俺を信じろ」という言葉を信じて政次の言葉に素直に従います。鬼のような行動もきっと何か考えがあってのことだと思っていてくれてるんだろうなと思うとちょっと救われた気持ちになります。
直虎は龍潭寺にいた虎松と直之の弟・直久を連れ出しますが、政次の甥である亥之助は残しました。その行動に政次が関わっていると悟ってしまった亥之助の気持ちを想うとなんとも切ない。信頼している叔父が井伊家を乗っ取ろうとしている姿を目の当たりにしたわけですし…なんか、その光景って、幼い時の政次が見た父のものと被ってしまうんですよね。歴史は繰り返されてしまったのかと・・・。しかし、亥之助の母・なつは政次の真意を正しい形で悟っている様子。井伊を守るための行動だと分かってくれる人が確実にここにもう一人いるわけで…それだけでも政次が本当の孤独ではないという救いになります。

mp4_000965017

隠し里へ身を寄せた井伊谷の人々を前に、直虎は今後について打ち明けます。戦が始まり徳川が攻め込んできた時に関口の首を差し出して今川の支配下から徳川へ寝返る計画を話す直虎。寿桂尼が危惧した通り徳川と密かに通じる道を選んでいますから(そのためにしのさんを嫁に出しましたからね)、それをきっかけに井伊を立て直そうと考えているわけです。そして、この計画は政次も承知していて…その成功のために彼は今川に入り込んでいるのだということも明かします。これまで今川の目付として井伊に不利な条件をふっかけてきてばかりだった政次の誤解をこの場で説いてくれようとした直虎が何だか嬉しかった。「そうだと思った」と大半の人は納得してくれてホッとしたのですが、一人だけ懸念を示した人がいました。
mp4_001056346
猪突猛進なところもありながらも実は慎重派だったりする直之です。彼の直虎への忠誠心は政次にも劣らないですからね。曖昧ながらも政次を信用すると語る直虎を心配するのも分かる気がします「これまでのこと全てひっくるめて騙されているのではないか?」と何度も確認する彼の言葉が、この後直虎に影を落とすことになりますが…直之も直虎の為を想っての言葉だからねぇ…。こういう人も必要だよなって思ってしまう。

直之の一言で場が複雑な空気になったものの、最終的には井伊を立て直すために進んでいくしかないという結論に達した一同。すると六左が突然立ち上がって陽気に手を打ちますw。
mp4_001144850
ところが、誰もそれに続く者はなく…シーーン直虎は一度しか言わないし聞いたら忘れてくれと最初に言っていたので、この手打ち式で「皆忘れましょう!」って雰囲気にしたかったようですが唐突すぎて伝わらなかった模様w。「何とも間が悪い」と苦笑いされて冷や汗ものになってしまう六左が可愛い
でも、こういう人がいると気持ち的に救われるのも事実。六左もやはりいなくてはいけない人なんだって改めてこのシーン見て思いました。

その日の夕刻、直虎は虎松に隠し里の話を聞かせます。この場所は虎松の父である直親と幼馴染だった政次が守ってくれた土地であると…。虎松は自らも父たちと同じように井伊の里を守らなければと気持ちを新たにします。
このようにそれぞれが取り潰しが決まっても再興への希望を抱きつつ前に進もうとしていましたが…駿府ではさらに恐ろしい思惑が進もうとしていました


大沢たかおファンミーティング2017大阪 その3

※こちらの記事は その1 と その2 の続きになります。


質疑応答が終わった後は、2年前からコーナーとして定着したらしい「大沢たかおに関するクイズ大会」が行われました。昨年は参加してないのでやったかどうかは分からないんですが、2年前参加した時に初めてやってその時大盛況だったんですよね(笑)。それにしても大沢さん、質疑応答の答えを言ってる流れで呼吸置かずに次のコーナー紹介するのヤメテwwww。どこが変わり目だか分からない

どのようにクイズに参加するかというと、あらかじめ席に用意されてあった黄色い紙青い紙を使います。
IMG_20170724_162316
前方の大画面に2択の答えが出てくるので、ファンはそのどちらかの色を提示するといった感じ。つまり、このコーナーは全員起立したところからスタートして外れた人から着席するといったスタイル。

前々回参加した時は大沢さんに関するゆるい質問といった感じでしたが、今年は「皆ちゃんとFC会報誌を読んでいるのかチェックしようかと思って」ということで、これまで発行されてきた会報誌に出てきたことに関する問題へとバージョンアップしていました。これには会場からも軽く悲鳴のような声が上がってましたねw。それを予想したかのように

「たぶん皆さん会報誌届いてもサラ~っと見て、あとはヤカンの下に敷かれてるんじゃないかと思ってるんですよねww。ま、そんなんでも役に立ってればいいんですけど、たまに“熱い!!”って思っちゃうんですよwww」

とニヤリ。これも半分大沢ジョークですからね(もうかなり慣れたww)。さらにこれは東京のファンミでもやったということで、勉強してきた人もいるんじゃないかと思って難易度を上げたらしい。私、その情報も全く知らなかったのでw、始まる前から諦めモードに。いや、読んでますよ、ヤカンの下敷きなんて絶対してないですよwww。でも、そこまで熟読しまくってるわけでもなく…(爆)あぁ、大沢さん元気そうでよかった…みたいな、生存確認的なw
と思っている間にもサクサク進行が進んでいつの間にかクイズが始まってました(笑)。これ、最初は全員立ち上がっての参加なので…正直、問題の順番とか内容とか、半分憶えてません。とりあえず思い出したものから上げておきます。

Q.お母様と叔母様とで箱根旅行に行ったとき乗った乗り物は?

×:登山鉄道  ○:遊覧船

Q.ハワイで腕に巻かれたものはなんだった?

×:ちまきの葉  ○:ティーリーフ  
(この質問がたしか2問目で、半分くらいが脱落しちゃってw大沢さんが「ちまきのわけないじゃないですか~」とツッコミ入れてたのがやたら笑えました。私もそう思ったんで、珍しく早期脱落を免れましたw)

Q.会報誌企画の第1回たかお旅で行った場所は?

×:京都  ○:鎌倉

Q.香川に行った時に食べたうどんはどれ?


×:ぶっかけうどん  ○:かけうどん
(これは、うどん県民の私としては絶対はずせない問題だったのでかなりプレッシャーかかりましたよww。二人会のときのエピソードですね。ここはしっかり読んでてよかったww)

Q.たこ焼き器をこれまで何回使ったか?

×:一度も使ってない  ○:2回

(わたし、ここで脱落しました。この記事読んだ記憶が…。ちなみに大沢さん、たこ焼きが大好物らしいですw)

Q.海(どこのか忘れた)で撮った写真は何枚?


×:1枚  ○:2枚
(大沢さんもこの問題出てきた時は「難しいなぁ、これ」と思わず漏らしていたんですがw、ここでだいぶ人数が絞られてた気がします)

あともう1問あった気がするんだけど・・・たしか企画弁当の値段だったかな?そのあたりで終わったかも。最後は4人くらいの方が残って、その方たちは「真のファン」ということでww大沢さん直々に私物か色紙に生サインを書いてもらえるというご褒美がありました。私今回は奇跡的にいいとこまで残っていただけに、初めてちょっと悔しさという感情がこのコーナーで芽生えましたよ(笑)
4人の方以外は大沢さん曰く「みなさん、ヤカンって呼ばせてもらいますからね」ってことでwww←大沢流ジョークですよ

クイズコーナーの後は恒例のプレゼント抽選会。今回は以前参加した時まであった「大阪ガス」関連はなくて、その代わり「本搾り」のポスターが何種類か用意されてました。あとは大沢さんが中国で買ってきたお土産と、FCグッズ全部入りw。そしてスペシャルなのが・・・近々行われるインタビューに同席できる権。いやぁ、これ当たってしまったら私は絶対頭真っ白になるww。欲しいなと思ったのは、中国のお土産のひとつのパンダのぬいぐるみ。すごい可愛かったんで。ちなみにすべてに大沢さんの生サインが入ってるそうです(インタビュー参加権はどうなるか分かりませんが)
で、結果どうだったかというと・・・かすりもしませんでしたドキッとすることもなく、華麗に外れました、ハイww。

盛り上がった抽選大会も終わり、最後に大沢さんからファンに向けた挨拶がありました。




スポンサードリンク



livedoor プロフィール
ブログランキング
スポンサーリンク
◆SCRIPT $(function(){ $('img').on('contextmenu',function(e){ return false; }); });